町田チケットは新宿駅周辺で急に現金が必要になってしまったとき、来店不要で30分以内にお振込する事が可能です。

店舗型の現金化にわざわざ行くよりも、お電話やメールのみでやり取り可能なので楽に現金をGETする事ができます。もちろん当店も実際に店舗の運営も行っておりますので信用度が他とは違います。

還元率、スピード、対応のどれをとってもご満足いただけるよう最大限の努力をしておりますので、是非お気軽にご相談だけでもお待ちしております。

さて、そんなクレジットカート現金化ですが「クレジットカード現金化」という言葉から何を連想するでしょうか。
恐らく普通にクレジットカードで金券や商品等を購入して売却することを連想するのではないでしょうか。

しかし、クレジットカード現金化はもっと大きな可能性を秘めています。

本日はそんな現金化について少し記事にしてみたいと思います。

クレジットカード本来の機能をフル活用し、さらにクレジットカード現金化を組み合わせることで手持ちの現金を減らさないことができます。

手持ちの現金を大切にすることをあまり意識していない人が多いようですが、消費者金融などの即日融資を頼ったり、給料日前にお金が足らなくなってキャッシングサービスを利用したりする習慣が続くと、借金生活から抜け出せません。

クレジットカード現金化で資金不足を解消し、余計な支払をなくす習慣をつけることがお金に困らない生活をする最初の一歩です。

クレジットカード現金化の用途は広い

このようにクレジットカード現金化は、ただ単に資金不足解消のためにお金を調達するだけではありません。

貪欲にクレジットカード払いに拘るとともに、ポイントゲットやアフィリエイトサイトを利用したキャッシュバックを受けることで手持ち現金を増やすことが大切です。

そのためにいろいろな手段があります。

クレジットカード現金化を単なる借金の手段だと考えてしまうと柔軟な発想は生まれません。支払を遅らせるというクレジットカード本来の機能をフル活用し、更に支払が厳しければクレジットカード現金化で資金調達をするのです。

例えば、海外旅行の費用が20万円かかったとしましょう。

最初からクレジットカード現金化で20万円の現金を調達するのはあまり賢い選択ではありません。決済日までに2か月あれば、給料日を2回通過することになりますから、5万円ずつ資金を確保すれば決済日に10万円準備することができます。

足らない10万円だけクレジットカード現金化で資金確保をすればいいのです。

クレジットカード現金化を金券などの割のいい手段で実行すれば、年利換算で18%程度とさほど高くない負担で資金確保ができます。信用情報にも記録されないので有利な借入だと言えるでしょう。

しかし、多額の金券をクレジットカードで購入することは現在難しくなっています。金額が大きいともっと割の悪い商品によるクレジットカード現金化が必要になります。

クレジットカード現金化は有利な資金調達方法ですが、できるだけ必要額を減らすことがスムーズに実行するコツですし、そのためのツールは数多くあります。

金券ばかりが能ではない

クレジットカード現金化というと金券の換金を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、今日すぐに換金したいという差し迫った事態でなければ、もっと別の方法があります。

また、新発売直後のゲームソフトや電化製品をクレジットカードで購入し、すぐにヤフーオークションなどに出品すると結構値段が上がることがあります。場合によっては利益が出るほどです。
そこまでいかなくても、ゲームソフトは大手も含めて買取業者が競合しており、新商品の買取率は高いです。

またネット上の金券である、Amazonギフト券でも現金化する事が可能です。最近では当店もお客様のカード状況などによってはこのamazonギフト券を使用して現金化するケースが増えてきました。

クレジットカード現金化を実行するにあたり、新幹線回数券や信販会社のギフトカードに頼る人も多いようですが、必ずしも賢い選択ではありません。

最近は信販会社のガードが堅いため、あまりに多額だと確認の電話が入り面倒なことになる可能性があるのです。もっと別の方法でクレジットカード現金化を実行することを模索することで、効率のいいクレジットカード現金化を実行することができます。

手持ち現金は死守しよう

クレジットカード現金化を実行する目的で多いのが現金不足です。

お金があればクレジットカード現金化などしないよと言われるかもしれませんが、そうならないようにクレジットカードをフル活用することもクレジットカード現金化の一つの手法です。
基本的な考え方は手持ち現金の確保であり、そのために徹底した支払の繰延をすることが大切です。

商売をする人はクレジットカード払いの売上を本音では歓迎していません。手数料が最低でも5%程度差し引かれますし、売上代金自体の入金も遅れるためです。

その反面、仕入代金は現金払いではなく掛け仕入れの方法を利用し、支払は1か月から2か月程度遅らせるのです。卸売業の会社が往々にして資金繰りが厳しくなる原因の一つです。

このようなことを個人が実行するためにはクレジットカードが必要です。

スーパーの買い物を現金で支払っている家庭の主婦が、スーパーのハウスカードを利用することで支払が2か月程度伸びます。その間の買い物代金は通帳に留保され、同じスーパーでハウスカードを使い続ければ、資金は留保し続けます。

スーパーの買い物だけではなく、他の支払もクレジットカード払いにすることで留保される資金は増加します。
クレジットカード現金化は、新幹線回数券などの購入代金を信販会社に肩代わりさせ、それを転売して資金確保するという方法が多いです。しかし、自分の支払代金の繰延を信販会社に肩代わりさせれば、その効果は同じです。

いい人が成功するとは限らない

商売は実直で正直者であることが大切だと言われます。得意先や取引先を大切にすることが商売を延ばすコツだともいわれます。

この言葉は間違いではありません。いい商品やサービスを提供することが事業発展の秘訣であることに異を唱える人はいないでしょう。
しかし、資金だけはこのことが必ずしも当てはまりません。売上代金は少しでも早く回収し、支払はギリギリまで遅らせることが事業を安定して運営し続ける秘訣です。資金は事業継続の血液となるものです。不足すれば失血死します。

とはいえ、「実直で正直者」の経営者や事業者の中には、相手のことを考えるあまりに支払を現金でしてしまうことがあります。利息相当額の仕入割引を適用すればいいのですが、そのようなことをしていないことが多いです。
このような事業者は売上代金の回収も相手のお願いに乗ってしまい、資金確保が遅れがちです。黒字倒産という言葉がありますが、どれだけ業績が良くても資金確保ができなければ事業を継続させることはできません。

事業をスムーズに継続させるためには、資金確保には貪欲である必要があります。要するに手持ち資金をギリギリまで減らさない努力が必要なのです。このことは個人の生活でも同様であり、クレジットカード現金化が大切である一つの理由です。

あまり感心しない話だと言われるかもしれません。しかし、事業継続をするためには必須の法則です。いい人が成功するとは限らないのです。

一流社長は借金をしてギリギリまで払わない

事業を成功させている社長さんの多くは顧客が喜ぶ商品やサービスを提供しています。しかし、仕入先である取引先の評判は良くないことが多いです。

何かの本に出ていましたが、普通の経営者は借金を怖がってせず、小粒の経営者は借金をして事業拡大をしつつ早く返済するとのことでした。そして、一流社長は借金をして事業拡大をしますが、返済はギリギリまでしないのです。
こうすることで資金を自社に確保します。そして銀行との交渉では自社の資金繰りが良く、かつ大型の借入をすることで利率をギリギリまで下げる交渉をするのです。借金の返済が遅くなっても金利が低ければ負担額は大きくなりません。

同じことは個人生活でも当てはまります。

日頃の生活資金をクレジットカード払いにすることで支払をギリギリまで遅らせれば資金が自分の銀行口座に留保されます。そして、大型家電製品などを購入する際には家電量販店ではなく現金払専門店を使い1割引で購入するのです。

クレジットカード購入であれば2か月の支払猶予期間があるじゃないかと言われるかもしれません。しかし、1割引ははるかにメリットがあります。どちらがいいかは改めて言うまでないでしょう。
資金繰りの大切さは事業者だけの話ではありません。個人の生活でも資金繰りという意識を持つことで自分の資金を確保し続けることができます。こうすることで余裕のある生活を実現することができるのです。

このように一言で現金化といっても多種多様なスタイルがあるのです。

是非、ちょっとしたテクニックを使って上手い現金化ライフを過ごしてみませんか。

町田チケットではお客様の利益を最大限に考えた現金化サービスを提供しております。

クレジットカード現金化をするなら是非当店へご相談ください。