現金化を利用される方にはそれぞれに応じた理由があります。

その中でもどんなケースの時に利用をされるのでしょうか。

 

クレジットカード現金化を必要とする理由は多く存在する

一般的にはクレジットカード現金化のネガティブキャンペーンが展開されているため、クレジットカード現金化は悪いことではないかと言われるようなことがあります。
しかし、決してクレジットカード現金化は悪いことではありません。

お金を借りたくても借りる方法がない人にとっては非常に大切な資金調達手段なのです。

クレジットカードが普及した事態から、既に数十年と大きな需要のもと成り立っているマーケットです。

無理にクレジットカード現金化を避けることでヤミ金に手を出してしまうことが、いかに愚かしいことかは改めて言うまでないでしょう。

それよりも、まずは気軽にクレジットカード現金化をすることで必要な資金をきっちりと確保することの方がよほど大切です。

 

1、消費者金融で借りれない人

ご存知の方はあまり多くないようですが、現代の消費者金融の審査通過率はあまり高くありません。
大手消費者金融は営業報告書を公開しており、そこに審査通過率を公表しています。

それを見ると軒並み審査通過率が40~50%と非常に低いことがわかります。消費者金融によっては2割台というところもあるのです。

このように審査通過率はほぼ半分以下といっても良いでしょう。

非常にハードルが高いのです。

審査通過率が低いのは、消費者金融の融資制限である総量規制を無視した申込をする人や、ちょっとした滞納を放置したままにしてブラックリストになってしまっている人が多いことが挙げられまる。

しかし、携帯電話の支払代金の中にスマホの購入代金が入っていることを知らずにいる人が、少額だからと支払を放置したままにして、結果としてブラックリストに載ってしまっていることは案外知られていないようです。

本人も知らないうちにブラックリストに載っているのですから始末が悪いのですが、いったん載ってしまうと5年間は消すことができません。

そのため、その間にお金を借りたい事態に陥ってもどうにもならないのが現実です。

また、総量規制のせいで収入の3分の1までしか貸してくれない消費者金融では、何らかの事情で収入が下がってしまったり、利用額が増加してしまったりした人にはお金を貸してくれません。

消費者金融で借りることができなけば、クレジットカード現金化は最善の方法の一つと言えるでしょう。

商売で大きな資金が必要な人

クレジットカード現金化は商売をしている人にとっても非常に有用です。

一般消費者を相手にしている商売をしていると、クレジットカードの決済機能を導入する事ができますね。

これはある意味使ってはいけない裏ワザですが、自分のクレジットカードを自社の決済機能にスキャンすることでクレジットカード現金化する事も可能です。

信販会社との契約内容によって手数料率は異なりますが、小型のカードスキャナーを利用した決済代行業者は4%以下の手数料率で決済をしてくれます。

但し、この方法は非常にブラックな手法のため実践はお控えください。これはある意味詐欺に近い方法になってしまう恐れもあります。

ともあれ個人事業主の形態で商売をしていると、突発的に大きく資金不足になることがあります。

仕入資金が不足すると仕入先も商品を調達してくれませんから、商売を継続することができなくなります。

お金は商売をするうえで血液のようなものであり、必要不可欠なのです。

法人組織にしていれば借りやすいのですが、個人営業の場合は銀行がなかなか融資をしてくれません。
最近は個人営業向けのカードローンがあり、総量規制対象外として話題を集めていますが、こちらも審査が結構厳しいです。

それならば、今持っているクレジットカードを使って現金化する方法が一番簡単で手っ取り早いのです。

裏ワザは使わず、当店の現金化サービスをご利用頂ければ、どんな大口でも安全かつ迅速に資金調達する事が可能です。

 

金融機関借入金の一時的な借り換え

金融機関でお金を借りている人が借り換えをしたい場合、借り換えローンが必要です。
しかし、消費者金融でこれを依頼しようとしても、ここでも総量規制の壁があって簡単には実現しません。

おまとめローンを利用すること一つの方法なのですが、審査がありますから通らなければ借り換えができません。
面倒な審査などをせずに資金調達ができるクレジットカード現金化は、消費者金融やクレジットカードのリボ払いをひとまとめにする場合に有効なツールになります。

いったんクレジットカード現金化で得た資金を使って、消費者金融やリボ払いを全額返済し、必要であれば解約をします。

しばらくすると解約した旨の情報が信用情報機関に登録されますから、それを確認してからローン申込をすればいいのです。
クレジットカード現金化は金融機関の借入ではないので信用情報機関に登録されませんから、消費者金融でも銀行でもカードローン申込の際にかなり有利です。

なぜなら、他の借金をすべて完済しているのですから、与信枠を多く取ることができます。

100万以上など融資限度額が大きければ金利も低くなりますから、通常より有利な条件で契約ができるでしょう。

このように賢く使えばクレジットカード現金化は非常に有効利用することが可能です。

町田チケットではこのようにお客様の暮らしのサポートができるよう迅速かつ高還元率でサービスをご提供しております。

また、ちょっとした豆知識ですが、実は信用情報機関のデータは自分でも開示請求できます。

信販会社や消費者金融が加盟している≪CIC≫という情報機関はネットで申込をしてPDF形式で開示されます。

料金は1,000円前後とそんなに高くないので、返済後2週間以上経ってから開示請求するといいでしょう。

開示内容を見ると、自分の利用している消費者金融やクレジットカードの利用状況などが出ていますが、クレジットカード現金化をした信販会社からお金を借りているという情報は出ていないはずです。

先ほど消費者金融の審査通過率が低いという話をしましたが、消費者金融も好き好んで審査で落としているわけではありません。通すことができる人であれば通したいのです。

 

色々な知恵を駆使して、快適な現金化ライフを送りましょう!

町田チケットでは全国対応の振込サービスを行っておりますので、いつどんな場所からもご利用頂くことが可能です。

都内の主要駅周辺から多くお申込みを頂いております。

全国対応の現金化という事もあり、当店へは以下のような主要駅から現金化のお申込みを頂くことが多いです。

▼一例

新宿駅からは年間1000件
新橋駅からは年間約1100件
渋谷駅からは年間1200件
品川駅からは年間1100件

など他にも多くの地域で年間1000件を超えるお申込みを頂きます。

直接来店不要ということで、非常に重宝して頂いております。

初めての方で不安という方は直接ご来店頂くことも可能です。

町田駅から徒歩2分でご来店いただき、その場で現金化することも可能です。

まずは是非お気軽にご相談ください!