都内のオタクの聖地と言われるものには秋葉原、池袋、中野などが既に知られておりますが、日本全国規模でみてみると少し違うようです。

全国版オタク三大聖地は東京の「秋葉原」、大阪の「日本橋」の2つがまず筆頭に必ずあげられますが、あと一つがよく議論されているで、今までランクインしていたのが愛知県名古屋市の「大須」という地域だそうです。
都内の人たちには大須はあまり馴染みがありませんね。

元来なぜオタク三大聖地と呼ばれたかの理由ですが、秋葉原、日本橋、大須は日本三大電気街といわれており、昔から各電気街にはオタク文化が共存するようになり、そのイメージから「オタク三大聖地」と呼ばれるようになりました。

■オタク三大聖地「秋葉原」「日本橋」「大須」

しかしこのところネットではオタク三大聖地の一つ「大須」に疑問をもつ声が交わされております。
この理由は「大須ってどこ?」「大須だけ浮いてる」等々辛辣な意見が飛び交っているようです。

大須は確かにオタク系ショップの多い街ではありますが、アーケード商店街が中心となることから、普通のSHOPや美味しい料理を提供する飲食店など様々なジャンルの店が混在し、秋葉原や日本橋のようにガッツリとオタク系のお店(メイド喫茶やカードショップ等)や電気関連系が目立って集中してあるわけではありません。

そのためこの2大聖地と比べると、大須だけ「オタクの街」という風に特化してみえないのです。

 

■新「オタク三大聖地」候補「池袋」「中野」

そうした空気感もあってか現在では「大須より池袋」「中野か池袋」などが上げられ、新「オタク三大聖地」として見直すべきという声もあるようです。

正直どうでも良いかもしれませんが、その業界ではやはりこだわらなければいけない問題のようです。
確かにどんな業界でも、その中にいればどうしても譲れないものも多数ありますね。

 

全国対応現金化サービス

我々町田チケットも現金化業界というお客様の生活を支えるサポーターとして、昔から頑張っております。

色々問題の多い業界ですが、だからこそ町田チケットは頑張って貢献していきたいと思っております。

当店はクレジットカード現金化業者として非常に珍しい全国対応の現金化サービスを展開しております。

このオタクの聖地のどこにいても現金化を行う事が可能です。

新三大オタクの聖地入り候補の池袋で現金化するなら町田チケットをご利用下さい!

もちろん聖地中の聖地「秋葉原」で現金化する場合も30分ほどで振込まで可能です。

全国どこにいてもOKなので、クレジットカードのショッピング枠があれば、大阪日本橋、中野、大須のどこからでもご利用頂けます。

是非急な入用の際は、町田チケットまでご相談下さい!