いつも町田チケットをご利用頂きありがとうございます。

当店は全国対応サービスを行っている数少ない店舗型現金化業者です。

例えば今、当店がお店を構える町田駅周辺以外にいる方で現金化が必要になった場合、札幌にいても沖縄の那覇にいても、大阪にいても全国のどこにいても、約30分ほどでお振込まで完了します。

当店のスピード振込サービスと、最大96%という高い換金率で非常に多くの方にご利用を頂いております。

本日はそんな便利な現金化をする上で必要なクレジットカード作る事にクローズアップしてみました。

最近では最初からショッピング枠だけのクレジットカードの発行が増えてきましたが、どうせならキャッシング枠付きのクレジットカードを持っていた方が、何かと便利ですね。

業者である当店がこんな事をいうのも変ですが、クレジットカード現金化する前にキャッシングで事足りるのであればそれに越したことはありません。

 

クレジットカードを作ろう!

日々の生活をおくっていく中で、「給料日まであと少しだけどお金がない!」という方や「結婚式などのイベントが重なってしまって、今月ちょっと金欠だ。」という方などちょっとだけお金が足りなく、少しだけお金を借りたい!と思ったことがある方も少なくないと思います。

そんな時に便利なのがカードローンです。

ローンといえば特別な目的がなければ利用できないのではと思う方もいるかもしれませんが、カードローンは自動車ローンや住宅ローンのような目的別ローンとは違い、特段目的がなくても借り入れすることができます。

しかしながら、目的別ローンよりも金利が高くなりがちなのがデメリットです。

金利が高いといっても、カード会社によってははじめて借り入れる方に対して、無利息キャンペーンをおこなっていることがあります。

日数はおよそ30日程度のものがほとんどですが、短期で返せる方はこの無利息期間があるカードローンを検討しましょう。

カードローンは銀行系と消費者金融系の2つの系統があり、どちらを借りるかで借り入れ可能総額や申込方法などについて若干の違いがでてきます。

現在の法律では年収の3分の1以上は借りることが出来ないという総量規制に引っかかることもないので、すでに借り入れが多い方や大きく借り入れたいという方は銀行系のカードローンを検討してみるのが良いでしょう。

カードローンについて申し込みから借り入れまでを簡単にご紹介したいと思います。

申込み方法について

カード会社によって申込方法は変わってきますが、今ではインターネットを利用して申し込む人が多いです。

インターネット申し込みであれば、年中無休24時間受け付けているところも多く、仕事終わりや休日でも申込することが出来ます。

インターネット以外にもさまざまな申込方法があり、郵送や電話、店頭、自動契約機などでも申込することができます。

カード会社の審査を無事通過すれば、必要書類を提出し、カードを受け取って借り入れの準備ができます。

それではこの手順について順番に詳しく説明していきます。

①審査の所要時間は?

審査の時間はカードローン会社によってまちまちですが、インターネット申し込みであれば、最短即日発行長くても5日程度で審査結果がきます。

審査が早いカードローンですと30分もかからず審査が終了します。

メールで当落通知がくることが多いですが、電話で来ることもあります。

年収、職業、資産、勤務年数などの属性と金融事故について審査されます。

なので、現在無職になってしまった方や転職したての方、非正規で年収が低めの方は厳しい審査になる可能性がありますので、注意が必要です。

また金融事故についてもクレジットカードの延滞、遅延を数回している方は要注意です。

信用情報が傷ついていますので、審査に通過しない可能性があります。

②在籍確認は?

在籍確認を好ましく思わない方は多いと思いますが、残念ながらほとんどのカード会社でしているところが多いです。

「カードローンを利用することが会社に知られたら嫌だなぁ」と思う方も多いと思いますが、在籍確認をしたからといってカードローンを利用することが会社に

知られることはまずないと考えてよいでしょう。

なぜなら在籍確認の時には個人情報の配慮をして、カード会社の名前を伏せることがほとんどです。

また本人が電話にでる必要もなく、例えば席を離れていたり、外勤していたりするときでも他の社員が「〇〇は不在ですが」などと返答して所在が確認できれば大丈夫です。

③契約に必要な書類について

無事に上記の審査に通過すれば、今度は所定の本人確認の書類をカード会社に提出する必要があります。

運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、パスポートなどの住所、氏名を証明できる書類です。

顔写真のない証明書類は現住所が記載されている公共料金の領収書など追加で書類を提出する必要がある場合もあります。

その他に消費者金融系のカードローンを利用する場合は上記に加え収入証明書が必要になる場合があります。

具体的には借入金額が50万円以上の場合や他社からの借り入れも含め100万円以上の場合です。

ですので、書類を準備するのが面倒な方は50万円以下の借り入れをするのが良いでしょう。

④カードはいつもらえる?

必要書類の提出が終了したら、カード会社からカードが発送されます。

カード会社によってまちまちですが、およそ上記の在籍確認が終わってから3~7日程度で手元に届きます。

カードは簡易書留で届く場合が多いですので、在宅中にカードを受け取りましょう。

受け取った後は「預金口座振替依頼書」にローンを利用する銀行口座を記入して返送します。

 

カードローンの借り方と返済方法

上記のとおり、カードの発行まで終わりましたら、実際に借り入れしてみましょう。

借り入れる方法は主にネットキャッシング、電話でのキャッシング、提携ATMからのキャッシングと3通りあります。

順番に見ていきましょう。

①ネットキャッシング

パソコンやスマホで申込したいのであれば、このネットキャッシングを利用しましょう。

もちろんカード会社によって異なりますが、基本的には24時間365日間利用できるところが多く、さらに同じグループ内の銀行口座であれば、登録口座に即時振り込んでもらうこともできます。

緊急的にお金に困ったときは非常に便利ですね。

またグループ外の他の銀行をご利用の方であっても、早い時間であれば当日に振り込んでもらうことも可能なところが多いです。

②電話でのキャッシング

カードローンのキャッシングは電話で直接依頼することもできます。

スマホやパソコンが苦手な方はこの電話での直接依頼をおすすめします。

こちらも24時間対応しており、専属のオペレーターが対応してくれます。

しかしながら、振込はネットキャッシングと比較すると遅くなることが多く、翌営業日に振込になってしまうことが多いです。

急ぎで資金が欲しい方はネットキャッシングか下記のATMでのキャッシングをおすすめします。

③提携ATMからのキャッシング

一番手軽で利用しやすいのがこのATMでの借入でしょう。

コンビニのATMでも引き落とすことが出来るので、手続きが容易です。

銀行預金を引き出すのとほぼ同じ手順ですので、簡単に借り入れすることが出来るので、引き落としすぎには注意しましょう。

あくまで借金であることは変わりないです。

借入の残高照会も同じようにATMからすることが出来ますので、常にチェックする癖をつけましょう。

まとめ

以上がカードローンの申し込みから借り入れまでの手順になります。

このようにキャッシング枠付きのクレジットカードを作るには、厳格な審査があるためちょっと面倒くさい手続きがありますが、そこまで難しいものではありません。

今まで不安な方も多かったと思いますが、実はそんなことはなく簡単に申し込みから借り入れまですることができます。

しかしながら、あまりに簡単にお金を引き出すことができてしまうことから、ついつい借金の意識が薄くなり、借り入れが多くなってしまい、利息の支払いで苦しくなってくる方もいるのもまた事実です。

クレジットカード現金化はキャッシング枠が使えなくなった人や、最初から枠がない人向けのサービスです。

いずれにしても、返済が必用なものとなりますので、利用に関しては是非計画的にお願い致します。

町田チケットではご希望の方には利用後のフォローや、利用前の診断などもサポートさせて頂きますので是非お気軽にお問い合わせ下さい!