クレジットカード現金化はしっかりした業者に任せる事が大切です

以前にも何度か記載したことがありますが、信販会社はクレジットカード現金化を警戒しているという話をしていますが、この警戒はただ単に不正利用というだけの理由でしているわけではありません。

クレジットカード現金化はキャッシングサービスと似た性格があります。そのため、金券を利用したクレジットカード現金化をすると、キャッシングサービスで得られる利息収入を放棄することになります。

また、クレジットカード現金化を実行し、その支払をリボ払いにされてしまうと、キャッシング利率とリボ手数料の差だけ信販会社にとっては不利になります。しかも、リボ払いのキャンペーンまで利用されたら被害甚大と言っていいでしょう。

信販会社では、クレジットカード現金化を規約などで原則としては禁止しています。

これは金券を利用したクレジットカード現金化だけではなく、商品を換金した場合も含まれます。ショッピング枠の利用は会員が個人的に使用する「モノ」の購入に限定されているのです。

しかし、現実にはクレジットカード現金化を利用して資金調達をしている人も少なくありません。しかも、大手信販会社では自社サイトで自社発行のギフトカードをクレジットカード払いで販売しています。
警戒されているとはいえ、結局はその程度の話なのです。

ただしあまり目立ってしまうと信販会社から直接電話などが入る場合もあるのです。

町田チケットではそういった際の、対処方法やノウハウを全てお伝えしますので安全にクレジットカード現金化が可能なのです。

 

現金化手段の多様化が必要

とはいえ、クレジットカード現金化を信販会社が警戒している事実がある以上、もし独自で現金化するのであればそれなりの対応は必要です。

警戒の対象は主に金券であり、クレジットカードで購入しやすい新幹線回数券は警戒対象としての優先順位も高いようです。JRも信販会社に協力していますから、新幹線回数券を購入すると信販会社に電話連絡がされると考えたほうがいいでしょう。

そのため、ただ単に新幹線回数券やギフトカードを利用するのではなく、当店ではAmazonギフト券でクレジットカード現金化をする事もあります。

また、高額のクレジットカード現金化は警戒されることは知っておくべきでしょう。

また、多額の金券を利用したクレジットカード現金化をすることは、この意味で危険が多いのですが、信販会社を別にしたクレジットカードで別の店舗で購入すればチェックをすり抜けることができる可能性は高まります。
クレジットカード現金化の手段としては金券ばかりではなく、クレジットカード現金化の専門業者を利用する方法もあります。

いずれの方法もクレジットカード現金化の方法として有効です。
クレジットカード現金化のためにクレジットカードを何枚か準備することが必要だと先ほど述べましたが、同様にクレジットカード現金化の手段もいくつか準備する必要があります。こうすることでリスクを軽減することが可能になるのです。

金券は新幹線だけではない

とはいえ、クレジットカード現金化の際にはどうしても金券を利用したいという人もいるでしょう。

いくら手段の多様化とはいえ、換金率80%以下のクレジットカード現金化は避けたいという人もいるでしょう。
しかし、クレジットカード現金化の換金物として勧められている新幹線回数券ばかり利用するのは危険すぎます。それならば、いっそのこと信販会社にギフトカード購入を申し込んだほうがいいくらいです。

多額の購入をすると理由を聞かれるかもしれませんが、5千円のギフトカードを2枚から3枚ずつお返しに利用すると言えばいいのです。

この言い訳であれば、10万円単位のギフトカードを購入しても不審に思われることはありません。

最近はギフトカードのラッピングを自分ですることが多いようです。お礼の手紙とともにラッピングしてお返しにする方が相手に対する感謝の気持ちが強くなるという考え方なのです。
信販会社に直接ギフトカードを購入すると、届くまでに1週間程度かかる場合があり、手数料も400円程度必要です。緊急事態には間に合わないかもしれませんが、あらかじめ資金需要の予想がついているなら悪い手段ではないでしょう。

もちろんスピーディーなクレジットカード現金化が可能になるAmazonギフト券も換金率こそ若干劣るものの、クレジットカード現金化の手段としてお勧めの方法です。
金券にこだわるのは悪くありませんが、1種類だけという一本足打法はお勧めできません。

複数のクレカが必要な理由

新幹線回数券をクレジットカード現金化の手段として利用する際には、複数のクレジットカードがあると手間はかかるものの多額の現金化が可能になります。信販会社を分散させていれば、個々のカード単位でしか警戒の判断はされないのです。

1枚のカードで2冊の新幹線回数券を購入しても、5枚のカードで実行すれば10冊分のクレジットカード現金化を実現できます。1冊9万円弱の東京新大阪間の回数券であれば、90万円程度のクレジットカード現金化を実現できるのです。

ただし、同じ要領でAmazonギフト券を購入しても意味がありません。

一つのアカウントでカードを分けてもAmazon側は同じ人が何回かに分けて購入していると分かるからです。

Amazonのアカウントを複数持つことは難しくありません。奥さんか子供の名前を利用し、マイクロソフトなどの無料メールアドレスを複数準備するだけでいいのです。

複数のアカウントでそれぞれ別の信販会社のカードでAmazonギフト券を購入しても不自然にはなりません。Amazonギフト券にはアカウント所有者の名前が記載されないためです。

複数枚のクレジットカードがあると、このような芸当が可能になります。ただし、金券購入を何度もするのは面倒です。手軽に換金ができるAmazonギフト券も何度も別のアカウントとしてログインして購入するのは間違いが生じないように気を使うでしょう。

そのため、誰に対してもこのような手段をお勧めすることはできません。とはいえ、それでも頑張ってやってみるならばトライする価値は十分あります。

 

金券購入時には言い訳も準備

金券購入時にクレジットカードを利用すると、言い訳が大切になることは先ほど述べた通りです。しかし、この言い訳をどのようにするかについては余り神経質になることはありません。

実際にクレジットカードを利用して金券を購入する人は少なくないでしょうし、現実に信販会社のWEBでよりによってクレジットカード決済でギフトカードを販売しているのです。
新幹線回数券を2冊買ったとしても、上司と一緒に出張するから買いに来たと言えばそれまでです。現金で購入するより、クレジットカードで購入した方がポイントも付きます、支払時期も遅くなるので都合がいいと言えば完璧でしょう。

実際にそのような理由で新幹線回数券を買っている人は多いです。

最近はJR東海のエクスプレスカードに人気がありますが、年会費が必要ですし回数券と割引率は変わりません。クレジットカード一体型なのでグループ利用では不便です。

そのため、現在でも新幹線回数券の需要は結構高く、その利用者も多いです。実際に利用している人がいる以上、一度に10冊単位で購入しない限り、このような言い訳が否定されることはありません。
これはギフトカードでも同様です。
JCBカードでは街のプレイガイドでクレジットカード払いのギフトカード購入が可能です。

もし、ここでギフトカードの利用目的を聞かれても、先ほど述べたような話をすればそれだけでOKでしょう。
実際に利用しようとしているのに決済を止めることは、いくらクレジットカード現金化を警戒したとしても無理な話です。

後は、支払期日に問題なく支払を済ませればいいのです。高額の決済を無事完了させた実績は、自分の信用度を上げることでしょう。

 

資金不足の対応はDIYがお勧め

資金不足に対応する手段としてクレジットカード現金化をお勧めする一番の理由は、緊急時に一番頼りになるのは自分自身であるという事です。

災害があるたびに緊急物資が被災者の元に届かないという記事が新聞紙上をにぎわせます。

熊本の地震の際にも同じことが繰り返されました。その都度、何らかの対策が取られますが、結局届けることができなければ災害援助物資も意味がありません。
資金不足という緊急事態に余裕をもって対応できる人は多くないでしょう。しかし、そのような際に、クレジットカード現金化という手段があることを知っている、あるいは一歩進んで準備をしているというだけで安心感があり、実際に危機に対応することができます。

このような時に消費者金融に慌てて借りに行き、審査に通ればいいのですが、審査に通らなかったら悲劇的な結末しか待ち受けていません。
結局、資金不足の対応は自分がすることが一番安全確実であり、その手段としてクレジットカード現金化というDIYの手法もあるのです。

確かにクレジットカード現金化は信販会社に言わせれば規約違反かもしれません。

しかし、緊急時に規約違反だからしていけないと言っている余裕がある人がどれだけいるでしょうか。
自分の身を守ることができるのは、最終的に自分しかいません。事業主の方が資金不足になるのを傍観するしかなく、手形の不渡を出して自己破産をしても誰も助けてくれないどころか同業者からの非難を浴びるだけです。
資金不足対策の決定打であるクレジットカード現金化は、事業主に限らず広い範囲の方に必要とする一つの知識です。

不確定要素に頼る危険性

金融機関からの借入には言うまでなく審査があります。審査をするのは自分ではなく金融機関です。そして、その基準は公表されていません。

もちろん、その内容がどのようなものかは広く知られています。

しかし、それに対応する特効薬と言っていい手段は存在しないのです。審査に落ちるか通るかは神のみぞ知るという不安定な状態に自分を置くことが正しい判断とは言えないでしょう。

ちなみに大手消費者金融の審査通過率は50%を軒並み割っています。これらのデータは上場企業である大手消費者金融の決算資料を見れば一目瞭然です。中小消費者金融は、大手よりリスクを取れますが、著しく高いとは思えません。

利率が低く、余裕のある保証料相当額を確保できない銀行系カードローンであれば、もっと成約率が低いであろうことは想像できるでしょう。

緊急時に大手消費者金融に融資を依頼しても、50%の確率で融資を断られるのです。審査というものはこのようなものなのであり、あまり期待してはいけません。

事業をしていると、それが自分一人だけでしているとはいえ、取引先が存在していることから、事業の停止などがあるとそれらの人たちに迷惑がかかります。稼ぎ頭のお父さんが病気になったら保険などの収入があるまで家計がピンチになります。

そんな際に、審査という不確定要素を頼って金融機関に借入の申込をすることは、非常に危険であると言えるのではないでしょうか。
このような不確定要素に頼るのではなく、自分で緊急時にどのような対応をするかを決めることが大切なのです。

緊急事態には確実性が必須

緊急事態に余裕というものはありません。ここで無理なら別の消費者金融を頼ろうとしても、申込の都度、信用情報機関に申込による照会をしたデータが残るため、何か悪い理由があるのではないかと怪しまれることになり審査上更に不利になります。

実際に、大手消費者金融を2社程度断られた後に中小規模の消費者金融に申込んだ際、店頭で「最近何かありましたか?」とやんわりと聞かれた人がいるようです。

何度も申込をしているという事実は、無用な誤解を招くのです。
このような事態を避けるためにも、緊急事態には自分で対処できる準備が必要です。緊急事態には確実性が大切です。

審査という不確実要素を排除し、確実性を担保する手段はDIYの資金調達方法であるクレジットカード現金化だけなのです。
クレジットカード現金化が確実な資金調達方法だとは考えたこともない人が多いのではないでしょうか。しかし、ここまでの話で分かる通り、消費者金融などの金融機関に頼る方がよほど不確実であり、緊急事態には危険が多すぎます。

要するに、最終的に頼ることができるのは自分自身という訳です。

ただし、町田チケットで現金化する場合は話しが別です。

一切のリスクや無駄を省き、安心安全にクレジットカード現金化を行う事が出来ます。

 

日頃の準備が大切

クレジットカード現金化を緊急事態における資金調達方法とする場合、ある程度の準備と知識は必須です。

手元にあるクレジットカードを使ってみどりの窓口に行くだけではトラブルに巻き込まれる可能性があります。
理由は先ほど述べた通りなので繰り返しませんが、トラブルに巻き込まれる可能性があるならその対処をすることが大切です。そうすることで安全確実にクレジットカード現金化を実現することができます。

クレジットカード現金化の方法は新幹線回数券ばかりではありません。Amazonギフト券も有用ですし、金額が大きければクレジットカード現金化の専門業者を依頼することも選択肢の一つです。

商品知識があれば、Amazonなどで購入した商品を換金することも一つの方法でしょう。また、クレジットカードを何枚か準備することも大切ですし、その組み合わせにも一工夫必要です。

しかし、これらの対策を確実にすることで、クレジットカード現金化がより一層確実にかつ安全に、いつでも実行できます。この安全確実さこそが緊急事態に一番必要とされるものではないでしょうか。

だから町田チケットでクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は資金繰りに困った人が最後のあがきでするものだというイメージが浸透しており、そのイメージは最低レベルに落とされています。

しかし、ここまでの話で分かる通り、クレジットカード現金化は自分自身を守るために一番確実な方法なのです。クレジットカード現金化を忌み嫌う人は、緊急事態になって資金調達ができず後悔することになるかもしれません。

消費者金融に口座を持っていても、年収が下がったことがバレてしまい、追加借り入れができなくなったり、融資限度額を削られたりするかもしれません。一度審査を受けてゲットした融資限度額は永遠に保障されるものではないのです。

これに対し、クレジットカードのショッピング枠が減額されるようなことはめったにありません。
もともとクレジットカードの審査は消費者金融に比べれば基準が緩く、通りやすいのですが、消費者金融のような総量規制がないため限度額の見直しが必要ありません。クレジットカード現金化が安定した資金調達方法であると言われる一つの理由です。

だからこそ緊急事態において、クレジットカード現金化が一番頼りになるのです。
とはいえ、緊急事態になってから準備をしたり、必要とする知識やテクニックを探したりしても間に合わないでしょう。

「備えあれば憂いなし」ということわざを冒頭に挙げました。早い段階でクレジットカートへ現金化の準備をすることが緊急事態に自分の身を守ります。

またその際は本当に信頼できる現金化業者を知っておく必要があります。

当店以上に高い還元率や、サービスを提供しているところがあれば教えてほしいくらい自信を持って皆さまのサポートをしております。

来店不要で30分以内に現金を振り込めるのは町田チケットならでわのサービスです。

もし赤羽駅周辺でクレジットカード現金化するなら是非当店へご相談下さい!

来店不要なのでその場からお電話一本でご利用が可能です。

どこよりも高い還元率で皆様をサポートさせて頂きますのでぜひお待ちしております。