日本屈指の観光地「浅草」周辺で急な入用に見舞われた時は町田チケットに一本お電話下さい。

その場から動かずに20分ほどでお客様の口座へ現金をお振込致します。

最大で96%という日本トップの還元率で皆様の急場をサポート致します。

本日はこの現金化を使った裏ワザの数々を記事にしてみようと思います。

クレジットカード現金化のプロだからこそのテクニックをご紹介します。

クレジットカード現金化の効果

クレジットカード現金化を意識したクレジットカードの利用をすると、自分の生活が良い意味で変わります。

まず、お金に追われる生活から抜け出せます。

クレジットカードの利用をするだけで、今まで自分が支払っていた現金を信販会社が立て替えてくれるのです。
公共料金の支払を口座引落やコンビニ支払にしていると、知らないうちに現金が財布から消えていきます。財布に現金が入っていないと、銀行口座から引き出すことになりますが残高がなくなってしまうと消費者金融などを頼る事になります。

しかし、このような支払をすべてクレジットカードに変えると支払を遅らせることができます。翌月には支払をしなければいけませんが、他の支払はすべて繰り延べられるので、信販会社からの請求だけを注意していればいいのです。
そして、どうしても資金が不足したらクレジットカード現金化を利用して資金調達すればいいのですが、今まで消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスを利用していた人は利用回数を減らすことができます。

なぜなら、クレジットカードの請求金額はある程度事前にわかるので、その月の生活費をある程度調整することで現金支出を減らすことかできるためです。飲み会など現金支出を強いられるような支出を減らせばいいのです。

世の中にはクレジットカードで支払うことができるものとできないものがありますが、そのようなものの支出を調整することで支払のピンチをしのぐことができるのです。

支払の繰延

支払の繰延と言ってもよくわからないという人も少なくないかもしれません。
しかし、クレジットカード支払をすることで自然と支払時期が遅れているのです。

コンビニで電気代を支払うと、自分の財布からすぐにお金が消えますが、クレジットカード払いにすると支払は2か月後になります。2か月後には支払の必要があるじゃないかと言われるでしょうが、その月の支払は繰り延べられますから、話は同じです。
つまり、最初の月に支払いが繰り延べられるとはいえ、その後に2ヶ月分一気に請求されるようなことはないのです。

また、自分の支出を管理したい人にとってもクレジットカード払いを増やすことは大きな効果があります。クレジットカードの明細を確認することで自分の支出が明確にわかるためです。
支払を銀行引落にしても同様の効果は得られますが、支払の繰延効果は得られません。やはりクレジットカード払いにして支払の繰延と支出の確認を両方したほうが有利なのです。

もしそのような意識がなければ、1か月だけでいいので、自分がコンビニなどで支払った明細書を取っておくといいでしょう。
電気代などの公共料金、ガソリン代などの支払、携帯電話などの料金、人によっては通販の利用代金もコンビニ払いにしているかもしれません。これらの全てはクレジットカード払いにできます。

現金支払をクレジットカード払いにすることは、一種のクレジットカード現金化だと言えます。外部から資金を調達するだけではなく、自分の持っている現金が流出することを防いでも同じ効果が得られるのです。

2か月のメリット

クレジットカードの締日から支払日までは大体1ヶ月です。締日を別にした複数のクレジットカードを利用すると、公共料金などの支払日をうまく伸ばすことも可能です。

たかが2か月じゃないかと言われそうですが、少なくとも1か月分の支払を繰り延べることはできますから、手持ち現金が永遠に1ヶ月分ずつ滞留し続けるのです。
今までクレジットカード払いを使っていない人であれば、一度この方法を使いクレジットカード払いにしてみてください。自分の口座残高が一定額ずつ残っていくのがわかるでしょう。もちろん残ったからと言って無駄遣いをしたら意味がありませんが…

信販会社も公共料金をクレジットカード払いにすると毎月利用してもらえるため、利用に対するインセンティブを強化しています。特に携帯電話のように毎月の支払額が多くなるものについてはキャンペーンの回数は多いし、内容も充実しています。

また、先ほど挙げたようなスーパーなどの買い物の支払代金もクレジットカード払いにすると効果的です。毎月の食費はそれほど変わるものではないでしょうから、スーパーのハウスカードを作るだけで資金が滞留する効果がさらにアップします。

クレジットカードを利用した買い物は、ただ単に資金が滞留したりキャンペーンに乗れたりするだけではなく、スーパーなどの場合はイオンカードのように毎月一定日に5%引きとなることも少なくありません。

独身の方はスーパーのハウスカードを利用することが少ないようです。しかし、一度使ってみると、食費が浮くので生活資金が楽になります。最近のスーパーは自炊経験のない人向けの食材も販売しているのでこれを機に家計の節約も狙えるでしょう。

現金化による借金にも有効

このようにクレジットカード現金化は、ただ単に資金調達するだけのものではありません。もちろんいざとなれば換金によるクレジットカード現金化をすることができます。

クレジットカード現金化をする際には何枚かクレジットカードが必要ですが、その際のポイントとして締日を分散させることが挙げられます。
クレジットカード現金化で金券等を購入すると、最大2か月の支払を繰り延べることができます。しかし、繰り延べた支払も支払日には銀行口座から引落がされます。

支払日と締日は一致していないことが多く、多くの場合は楽天カードのように月末締めで支払日は翌月27日ということが多いです。月末が締日のカードはセゾンカードのような例を除いてこのパターンが多いようです。

しかし、支払日にお金が足りず再度クレジットカード現金化によって資金準備の必要が生じた場合、他のクレジットカードで現金化の必要があります。なぜなら、同じカードを利用すると、締日直前で買い物をすることとなり、支払日がすぐ到来するためです。

このようなことを防ぐために、締日が違うカードを何枚か持つといいのです。支払日の前に締日が到来するカードで再度呉十カード現金化をして資金調達をすれば、支払日はかなり先になり、支払猶予期間が延びます。

支払を極限まで遅らせよう

このようにクレジットカード現金化では締日直後に買い物をして換金することが一番効率のいい方法と言えます。しかし、このことは換金ばかりではなく日常生活でクレジットカードを利用する際にも応用できるテクニックです。

簡単な例として、月末締めの楽天カードと15日締めのJCBカードを組み合わせてみましょう。
この場合、毎月前半は締日が到来した後の楽天カードで買い物をすることで、支払日が翌月27日とかなり先になります。しかし、月末に楽天カードで買い物をすると翌月27日はすぐ到来してしまうと言えるでしょう。

そのため、16日から月末まではJCBカードを利用するのです。毎月15日締めで翌月10日支払のJCBカードなので、支払が翌々月10日になります。月末が旧利用日という人にとっては最高の組み合わせではないでしょうか。

このようにしてクレジットカードの締日を利用して自分の支払をギリギリまで先に延ばすことかできます。先ほど「一流社長」の話をしましたが、資金力がある会社は支払をギリギリまで遅らせることで社内に資金を滞留させているのです。

同じことを自分自身で行うことで資金をギリギリまで預金口座から逃がさないようにすることが可能です。

スーパーのハウスカードで値引を狙うなら別ですが、そのようなことがなければ締日を別にしたカードを何枚か使いこなすことでクレジットカード現金化のメリットを最大限に生かすことができます。

もちろんこのことは、実際にクレジットカード現金化で資金調達をする際にも大きな武器になるはずです。

 

こんなものまで現金化

クレジットカードで支払うことができる支払はすべて現金化の対象です。
ちょっと変わったクレジットカード現金化手法の一つにふるさと納税があります。

自治体によって対応に違いがありますが、寄付した金額の半額程度を「返礼品」として送っている例が増加しており、地元特産物の「販売」にも結び付くことから宣伝もヒートアップしています。
特に肉製品を特産品として持つ地域は、地元の牛肉などを返礼品としていることが多く、大人気です。

ふるさと納税をすると、税金相当額を国税や住民税から引くことができるため、高額所得者はずいぶんと有利になるはずです。

高額納税者の場合、ふるさと納税をした金額のほぼ全額が翌年の税金などから引かれ、キャッシュバックのような効果が得られるのです。しかし、税金の申告は翌年ではないかと言われるかもしれません。
もし、寄付を年末ギリギリにして、支払をトヨタカードやエポスカードのような月末付近の締日になるクレジットカード払いにするとクレジットカードの請求は2月になります。しかし、申告の際にそれらの金額は控除されるのです。

それなら支払繰延のメリットはないじゃないかと言われるかもしれません。しかし、返礼品というメリットがほぼ無料で得られるわけです。年末には間に合わないでしょうが、年初めの新年会に豪華牛肉パーティーを開くことも可能でしょう。

ちょっとしたアイデアでクレジットカード現金化の可能性は無限大に広がります。

このふるさと納税はクレジットカードで支払うことができます。しかも、最近クレジットカード払いができるようになったこともあり、信販会社のキャンペーン対象になります。このキャンペーンに乗るだけでもポイントゲットができて、キャッシュバック対象になります。

支払うべき税金を安くすることができることは、自分の資金を留保することを意味します。ふるさと納税は税金の金額が減るわけですから、繰り延べどころか免除になります。返礼品のメリットだけが残るという大盤振る舞いに乗らない手はないでしょう。

税金の繰延は資金繰り改善になる

最近はクレジットカードの利用シーンが増加しました。その中で特に注目されているのは税金関係です。
自動車税などの税金はちょっと前からクレジットカード払いができるようになりましたが、来年からは国税までクレジットカード支払ができるようになりそうです。

事業をしている人にとって国税の負担はかなり大きく、確定申告の時期は自分の所得税だけではなく、消費税の支払にも悩んでいる人が少なくないでしょうが、クレジットカード払いにすることで支払を繰り延べることができます。

税金は納付期限というものがあり、その日までに支払をする必要があります。自動車税も同じですが、ギリギリの締日まで手続を引き延ばすとともに、締日直後のカードを利用すれば無利息で支払を延ばすことができます。

税金の支払が遅れると、年利5%弱の延滞金がかかります。しかも、この延滞金は経費にならないのです。クレジットカード払いで2か月でも遅らせることができれば、そのメリットは非常に大きいはずです。

税金の支払が遅れると、延滞金の支払だけではなく、役所の追及も甘くありません。事業に必要なギリギリの資金だけを残して残額は全額納税しろと要求するのです。
相手には、裁判所の許可なしに差押できる手段があるので従うしかありません。ヤクザよりたちが悪いと言われることも多い役所の取り立てですが、クレジットカード払いにすることでずいぶんと楽に支払ができそうです。

税金の現金化

このように税金を現金化することができるようになりました。

事業をしている人にとって税金の支払額は結構大きいものがあり、これを繰り延べることができれば資金繰りの自由度がかなり高まります。しかも必要に応じてクレジットカード現金化を組み合わせることで、更に支払を延ばすことができます。

クレジットカードで税金の支払をすると、銀行でイチイチ支払をする手間も省けます。どんな税金でも支払をギリギリまで遅らせたいという気持ちは皆さん同じで、納付期限日の銀行は大混雑です。

しかし、クレジットカードで税金の支払ができれば、そのような長蛇の列に並ぶ必要はありません。最近はネットバンキングを利用した納税手段もありますが、先ほど下手通り、支払の繰延ができるメリットを享受することはできません。

事業者の方には、税金の支払のために積み立てをしている人少なくないでしょう。そのようにして積み立てた資金を税金の申告とともに流出させるのはあまりにもったいないのではないでしょうか。

クレジットカード現金化の利用手段はいろいろとあるのです。支払を遅らせることができれば、極限まで遅らせることが事業を安定させるコツです。

自動車税の支払を延ばしませんか?

このようにして自分の支出の中で結構大きな割合を占める税金をクレジットカード現金化によって繰り延べることができます。

自動車税などの都道府県民税は既にクレジットカード払いができます。自動車の台数が多い事業者の方にとっては朗報と言っていいでしょう。
手数料が必要な点と、納付書の控がないため、車検の際に証明書を発行してもらう必要がある点がデメリットと言えるかもしれませんが、支払の繰延ができるといメリットと比較してどちらが有利かを判断するといいのではないでしょうか。

さて、いかがでしょうか?

ここまでご紹介した内容は現金化を使ったテクニックの一部です。

町田チケットはクレジットカード現金化のプロフェッショナルとして恥ずかしくないよう、常にお客様の利益に繋がる情報をご提供しております。

ただ現金化して終わりではなく、本当に有意義な現金化ライフを送って頂きたいと思っております。

当店をご利用頂ければ、最後まで当店スタッフが全力でサポートさせて頂きます。

まずはお気軽にご相談だけでも大歓迎です!