東京丸の内はいわずとしれた日本の主要な企業たちが立ち並ぶオフィス街の一つです。

サラリーマンが多い分現金化の需要も非常に高い地域の一つです。

丸の内周辺からのお申込みは毎日数十件に上ります。

なぜこんなに多くの方に利用されるかというと、町田チケットは来店不要でどこよりも「高く」「早く」振込をするため利用者の99%がリピーターになって頂けるからです。

そんな丸の内周辺からご利用頂く層はほぼサラリーマンですが、やはりこれだけ様々な企業が入る街ですので一般的な個人の利用以外にも法人様のご利用も実は多いのです。

せっかくなので本日は法人カードと現金化の特徴などを少し記事にしたいと思います。

 

ビジネスカードと現金化

事業者の方の中には経費管理に効果的だという理由でビジネスカードを利用していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
特にガソリンスタンドが積極的に企業に対して営業攻勢をしているようです。

このビジネスカードは、個人的に利用しているクレジットカードと請求を分けてもらうことで事業用の経理処理が簡単になるというメリットが強調されています。しかし、ここまで述べた通りクレジットカードを利用する事で資金的なアドバンテージを受けることができます。
ビジネスカードをフル活用することで、自社の資金をできるだけ外に逃がさないようにすることが本当のビジネスカードのメリットです。

先に述べた通り、資金は事業の血液です。流出しつくしてしまうと事業は継続できません。流入する資金を確保するだけではなく、流出を少しでも遅らせることが「一流社長」への第一歩です。

もちろんビジネスカードのクレジットカードとしての機能は一般的なクレジットカードとまったく同じです。改めて言うまでありませんが、必要に応じて資金不足の際にはクレジットカード現金化による資金調達手段として利用できます。

自社の信用を支払繰延に使おう

クレジットカードには言うまでなく審査があります。個人のクレジットカードの審査であれば、収入や今までの支払実績などがポイントになります。事業用のビジネスカードであっても同様です。

しかし、ビジネスカードはどちらかというと事業による資産状況が重視されます。個人事業であれば、事業主個人の資産などが審査対象ですが、法人名義のビジネスカードであれば法人自体の決算書が審査対象です。
特に貸借対照表上の流動資産がどれだけあるかという点は重視され、現金や預金残高がどれだけあるかは大きなポイントです。支払はできるだけ繰り延べるべきであるという理由の一つです。

個人名義のクレジットカードは、案外高い利用限度額を決定してくれることが多いです。

しかし、ビジネスカードは結構審査が厳しくて、特に法人名義のクレジットカードは資産状況が悪いと審査自体に通りません。
しかし、クレジットカード現金化の手法をフル活用し、預金残高が潤沢である状況であれば信用が付きます。そのため、ビジネスカードの審査を通し、かつ高い利用限度額をゲットすることができます。

自社の信用をクレジットカード現金化という支払繰延の手段として使うことができるのです。

ビジネスカードの信用枠を上げよう

ビジネスカードの利用限度額は、個人向けのクレジットカード同様に最初は少額です。しかし、利用と返済を繰り返すことで信用が付きますから、次回の更新時に利用限度額を上げてくれることが多いです。

信用枠が上がれば、クレジットカードで決済できる対象が増加しますから、販管費のような少額経費だけではなく、仕入代金のような多額の資金をクレジットカード現金化の手段として利用する事ができます。
個人の生活費も事業用の原価や経費も支払という面では相違点はありません。支払を繰り延べることで自社に資金留保をすれば、銀行等が「魅力的だ」と判断するような貸借対照表を作ることができるのではないでしょうか。

クレジットカードの利用枠が増加し、利用する対象が増えれば繰り延べられる資金も増加するでしょう。こうして社内に留保される現金がドンドンと積みあがります。当然そのことは自社の信用を更に上乗せし、信用増加の好循環となるでしょう。
ビジネスカードは1枚だけにしなければいけないという事はありません。自動車を多く利用する会社であれば、普通のビジネスカードとガソリンスタンドのビジネスカードを併用してもいいでしょう。締日が違えば、支払繰延を更に充実することができるでしょう。

ガソリンカードは各従業員に渡すため、使い込みが心配だと言われることも多いようです。しかし、ガソリンカードの親カードは一般的にクレジットカードと同様に利用できても、子カードの利用可能範囲を制限することができます。

いざという際には高額の利用限度額をフル活用してクレジットカード現金化による資金調達が可能になります。何枚かのビジネスカードを持っていれば、有効な資金調達ができるでしょう。

年会費は取り戻せます

ビジネスカードの中には、ガソリンスタンドが発行している年会費1,200円程度のカードもあれば、年会費が1万円単位のゴールドやプラチナカードも存在します。

限度額が大きければ利用対象が多くなりますから、繰延効果も絶大です。

先ほど述べた国税のクレジットカード払いも消費税などの支払に利用する場合には、それなりの限度額が必要です。限度額が低いと、ちょっとしたことで納税額が100万円を超える消費税のような税金には対応できないためです。

実際にクレジットカードを利用する上で一番使い勝手がいいクレジットカードはVISAやMASTERカードです。手数料の値下げのため、最近はVISAとMASTERしか使えないという店舗も増加しています。

VISAの日本における「総本山」は三井住友カードです。ここではビジネス用のプラチナカードを発行しています。最高限度額は500万円です。
会社自体の信用と規模にもよりますが、先ほど挙げた今回の税制改正で、消費税もクレジットカード払いができるようになったため資金繰りがちょっと大変だという会社にとっては福音だと言っていいのではないでしょうか。

もちろんゴールドやプラチナという事であれば年会費は必要です。三井住友のビジネスプラチナは年会費5万円であり、子カード1枚当たり5千円の追加会費が必要です。

しかし、これらのカードはサービス内容が充実しています。ただ単に利用限度額が高いだけの理由で年会費を高くしているのではありません。

法人カードは現金化以外にもメリット多数

ビジネスカードはクレジットカード現金以外にもメリットが多いです。

ゴールドやプラチナの場合、一流レストランのおすすめ料理を最高半額で味わうことができるという利点があります。空港ラウンジの利用ができることも出張の多い社長さんなどにはメリットが大きいのではないでしょうか。

また、ビジネスカードには福利厚生サポートが付いていることもあります。当然、その内容はゴールドやプラチナの方が豪華であり、利用する従業員から驚きの声が上がることも少なくないようで大好評です。
販管費などの経費をサポートするサービスも含まれており、自然とクレジットカード現金化が達成できるようになっています。

しかも、ポイントも付きますし三井住友のビジネスカードのように半年で50万円以上すれば、0.5%のギフトカードでキャッシュバックすることもあります。

ビジネスカードはガソリン会社が力を入れていることもあり、一般的に発行していないのではないかと思われがちです。しかし、実際に三井住友に限らず、JCBやMUFGのような老舗でもビジネスカードを発行しています。

一度自分の利用しているカード会社でビジネスカードの発行がないかをチェックしてみるといいのではないでしょうか。そのカードを問題なく利用しているようであれば信用も付いているでしょうから、審査も通りやすいと言えるでしょう。

このようにビジネスカードは何かとメリットの多いカードをいう事が分かります。

そんなビジネスカードを現金化を結びつけることで後々大きなメリットになる事もよくわかったと思います。

是非、町田チケットで法人カードを使った現金化の有効利用をしてみませんか?

当店ではどこよりも高い日本トップの還元率で現金化する事ができるため、利息のロスやリスクがありません。

まずはお気軽にご相談だけでもお待ちしております。