クレジットカード現金化はサラ金で借金するよりよっぽど優位性の高い事だという事をご存知でしょうか。

中には、現金化はある種の自転車操業と呼ぶ人もいますが、必ずしもそれが当てはまるとは限りません。

しっかりとした返済のメドや計画を立てて、クレジットカードの〆日や決済期間ををフル活用すれば、クレジットカードのキャッシングサービスと変わらない資金繰りが可能なのです。

今、目黒駅周辺でどうしても現金が必要になってしまったら!?

例えば急なことで今、目黒駅周辺で急に現金が必要になってしまったらアナタならどうしますか?

一番多いのは、アイフルやプロミスといった消費者金融で借りればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、2016年現在の消費者金融の審査通過率は50%以下とかなり厳しいことをご存知でしょうか。

大手の消費者金融でも融資までこぎつけられる人は10人中5人以下なのです。

中小消費者金融では更に厳しいというのが現状です。

これは今まで事故歴のない人でも割とこの審査落ちの50%に入ってしまうケースが多発しております。

こんな状況下では、わざわざアイフルやプロミスなどの消費者金融にダメ元で申し込んで信用情報を汚すより、手っ取り早くクレジットカード現金化を利用することで、当座の資金を調達したほうが賢明だと言えるのではないでしょうか。

一度サラ金に申し込むと、かなりの期間信用情報機関に申込みの履歴が残り、また審査に落ちたとなればそれこそ自分の信用を傷付ける要因になるのです。

 

審査の厳しい消費者金融

前述のとおり、消費者金融の審査は結構厳しいです。

大手消費者金融は、上場企業ということもあり融資の「成約率」を公表しています。それを見ると驚きの結果がわかります。

昨年度の数字ですが、消費者金融大手「アコム」が平成27年10月から12月までに申込をした人のうちで、実際に融資をした割合がいくつかご存知でしょうか。

審査通過率はなんと48.5%です。

借りれた人の方が少ない状態です。申込をした人の半分以上が審査落ちをしているのが現実です。

やっぱり大手のアコムは厳しいんだと思われるかもしれませんが、同業の消費者金融大手のプロミスのデータも以下の通りです。

27年4月から12月までの審査通過率はアコムをさらに下回って、43.4%でした。

また、アイフルは月ごとに成約率を公表しており、平成27年12月は47.5%という通過率を公表しております。

 

では、大手ではなく中小の消費者金融ならどうか

中小消費者金融で貸付率を外部に公表しているところは、あまり多くありません。

しかし、ノーローンで知られる新生銀行系のシンキは、成約率を新生銀行のデータから読み取ることができます。

その貸付率は平成27年10月から12月の3か月間でなんと22.9%なのです。

半分以上どころか4分の3の申込みを蹴っているのです。

10人中2人しか借りれないという数字です。実際に自分がこの2人に入ることが出来るでしょうか。

これらのデータをみてびっくりされる方も多いでしょうが、実は他の月はもっと成約率が低いのです。

いずれも年末に向けて「成約件数強化」をしているため、成約率が上がっているのです。

特にシンキは3か月ごとの成約率を見ると20%を切っている期間が少なくありません。80%以上の顧客が審査で落とされているのです。

クレジットカード現金化は、消費者金融などでも貸してくれない人の「最後の手段」という人が多いようですが、そんな事はありません。

今持っているクレジットカードの有効活用です。

むやみに借入先を増やしたり、通らない審査に申し込んで無駄な時間を過ごすよりよっぽど効率的だという事が分かると思います。

 

 

甘くない消費者金融

大手消費者金融はCMなどで大々的に宣伝をしていますが、実際に借りれるのは狭き門なのです。

「は・じ・め・てのアコム」で、はじめて申し込んでいきなり落とされたなんて話しもゴロゴロ転がっております。

総量規制の影響と、過払い金利息の請求で企業自体が衰えているため、あまり貸倒を発生させるわけにいかないのかもしれません。

前述の成約率の低い「シンキ」のデータをもう少し分析してみますと、91日から180日の延滞比率が0.1%とかなり低い数字となっております。

やはりこれだけ審査を厳しくしているので、支払の遅延や延滞も起こりにくくなっているという訳です。ある意味、この審査の厳しさは企業にとっては正しい結果なのかもしれません。

だからこそ宣伝だけをみて「消費者金融で借りよう」と考えても落とされるのです。

また、一般論として語られている話では、銀行系カードローンの成約率は2割程度だと言われています。

大手消費者金融では貸金業法の制限利率いっぱいまでの利率を取っていますが、銀行系のカードは倫理上利息もそこまで上げることが出来ないため、どうしても消費者金融と比べて審査が厳しくなるのです。

結局、消費者金融でも銀行でもカードローンを申し込もうとしても、狭き門だということができます。

消費者金融や銀行でお金を借りることがいかに難しいかがお判りなったのではないでしょうか。

今はまだクレジットカード現金化など関係ないよと思っている人も多いかもしれません。

しかし、いざ自分がお金を必要とした時に、どこからも借りる手段がないとわかった時に、どうすべきかという手段を確保する必要があります。

クレジットカード現金化の手段を知ることは何よりも大切な知恵という事になります。

 

5割以上の人が借入できない

ここまで消費者金融での借り入れについて十分な説明をしてきましたが、審査通過率50%以下という現実を突きつけられても、いまひとつ納得できない人もいるかもしれません。

もちろん、自分は問題なく通ってるし、今後も通ると思っている人もいるはずです。

しかし、実際には消費者金融にカードローンの申込をする人の中には、すでに総量規制の枠を超えてしまった人もいらっしゃいます。

また、過去カードなどの支払が遅延している人もいると思います。

銀行も消費者金融もカードローンの審査は信販会社や消費者金融に任せています。

その際に利用する信用情報機関であるCICやJICCには、今までのクレジットカードの利用事績がすべて残っています。

実際に開示請求をした経験がある人はお判りでしょうが、2年間の支払事績が毎月載っています。支払が遅れればその旨のマークがつくのです。

人によってはクレジットカードの枚数がいっぱいある人もいるでしょう。その中の一つでもマイナスデータがあると審査では不利になります。

消費者金融の審査はご存知の通り基本的にコンピューター審査です。

カードの枚数が10枚や20枚などどれだけあってもすべてお見通しです。

また、実は既に解約済みのカード情報も検索できるため、自分が忘れている過去のデータまで審査対象になっている可能性もあるのです。

審査に通りにくいと言われる理由の一つがここにあるのです。

自分が必要とする資金の全額を借りることができなければ、やはり他の方法で資金調達の必要があります。その手段としてクレジットカード現金化があるのです。

 

中小はもっと辛い(カライ)

シンキはアイデア商品ともいえるノーローンで勢力を伸ばしているため、他の中小消費者金融とは条件が違うのかもしれません。

しかし、他の消費者金融も貸倒が増えたら業績が悪化することは同じです。

巷で言われているような「中小なら大丈夫」とは一概に言えないのです。

ネットで消費者金融の検索をすると、俗に言われる「ブラックリスト」の方に対しても貸す消費者金融の話題になる事があります。

しかし、そのような消費者金融も回収可能性があるから貸すのです。

債務整理などでブラックリストに載った人であっても、収入は結構多い方は少なくありません。

実は世界的な高級カードブランドで知られるアメックス(AMEX)は、ブラックリストの人であっても収入しっかり証明できれば審査を通す場合があると言われています。

意外かもしれませんが日本と違い、米国流の審査はただ単にブラックリストに載っただけで無条件に審査から除外するという選択肢はないのです。

しかし、これはあくまでも収入が一定以上ある事が大前提です。

 

中小だから、ブラックリストに載っていても貸してくれるから、という噂だけを聞いて申込をしても、返済能力がないと判断されたら貸してくれません。大手より中小の方が審査を甘くしていることはあり得ません。

まずは、手持ちのクレジットカードで素早く現金化する方がよっぽどメリットがあります。

町田チケットでは、全国対応のクレジットカード現金化サービスを展開しております。

初めての方でもお申込みから振込みまで30分ほど頂ければいつでも可能です。

是非まずはお気軽にご相談だけでもお待ちしております。