■クレジットカード現金化はいろいろメリットがある

クレジットカード現金化はいろいろなメリットがあります。

クレジットカード現金化というのは、一般的にはあまりいいイメージや印象ががないかもしれません。

しかしながら、上手にクレジットカード現金化を利用すると、実際にはかなりのメリットがあるのです。

ここでは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事についてのメリットをいくつかご紹介しましょう。

メリット①金利がキャッシングするよりも低い

金利がキャッシングよりも低いことが、クレジットカード現金化の大きなメリットの一つです。

借入がもしある場合には、現金にクレジットカードのショッピング枠をして、キャッシングしている分をこの現金にしたお金で払ってしまえばいいかもしれません。

平均して3~5%ほどキャッシング枠より、ショッピング枠の方が金利が低くなっております。

このように利息がキャッシングよりも低いため、高い利息を無駄に払うこともないし、低い利息であれば、返済が終わるまでの期間も早くなります。

メリット②履歴が信用情報機関に残らない

履歴が信用情報機関に残らないことが、クレジットカード現金化のメリットです。

融資や借入を利用した場合には、履歴が信用情報機関に残ります。

信用情報機関に残っている情報に問題があれば、借入を新たにする場合やローンを利用する場合に評価がマイナスになり、審査に受かりにくくなります。

クレジットカード現金化というのは借入ということではないので、基本的に履歴は信用情報機関に登録されないため利用しても安心です。

また、これ以外に、クレジットカードを使うことで優れた顧客であると、クレジットカード会社から認められというメリットがあります。

ただ、やはり支払いを滞るとそれはそれでは信用に傷が入りますので、その点はキャッシングと一緒なので勘違いされないように注意して下さい

メリット③マイルやポイントが貯まる

マイル・ポイントが貯まることも、クレジットカード現金化の大きな利点です。

クレジットカード現金化を利用した場合には、一般のカードを使ったショッピングと同じように、ポイントが使った金額に応じて貯まります。

マイルが貯まるものも、クレジットカードによってはあるため、このようなクレジットカードの場合には、マイルが貯まるため飛行機を利用して旅行に行くこともできるようです。

クレジットカード現金化というのは、現金を入手することができるだけでなく、ポイントやマイルも貯まるため、一石二鳥と言えるでしょう。

メリット④自由に支払い方法を選択できる

自由に支払い方法を選択できることが、クレジットカード現金化のメリットです。

クレジットカード現金化を利用した場合、自分の状況に応じて返済方法を自由に選択することができます。

一括返済だけでなく、分割払い・ボーナス払い・リボ払いまで選択することができるため、自由に返済方法を選択することができないキャッシングの場合よりも、楽に返済計画を立てることができます。

 

メリット⑤ゴールド・プラチナカードを持つことも夢ではない

このように現金化を行っていると、おのずとショッピングの実績が積み重なり、カード会社からしたら優良顧客となるはずです。(もちろん遅れなく支払いしていることが前提です)

このように、毎月実績を積み重ねていればカード会社からのインビテーション(グレードアップ招待)が届くことも大いにあります。

すなわち、ゴールドカードやプラチナカードを持つことも夢ではないということが、クレジットカード現金化のメリットです。

クレジットカードを利用した履歴が、クレジットカード現金化を利用すると更新されていきます。

そのため、クレジットカードを返済遅延もなく使っていくと、クレジットカード会社からゴールドカードの招待というような話も現実になってくるかも知れません。ゴールドカードというのは、高級感が少しあるものです。

クレジットカード現金化というのは、ゴールドカードを持つことも夢ではなくなります。

ただ、ゴールドやプラチナにするとメリットも大きい反面、年会費が高く付く場合がありますので、グレードアップの際は十分に検討されて下さい。

 

まとめ

このように、少し思いつくだけでも様々なメリットが現金化には付加価値としてあります。

当町田チケットではそんなメリットだらけの「クレジットカード現金化」を安心安全にご利用頂けるよう日々努力しております。

当店は全国対応のクレジットカード現金化サービスを行っておりますので、東京はもちろん全国各地からのお申込みにも即日対応可能です。

最近では新宿や池袋など主要都市からのご利用を多く頂いております。

お電話一本で30分以内に指定口座までお振込致します。

是非、お気軽にご相談だけでも下さいませ。