名古屋駅周辺で急な出費などで資金繰りにお困りであれば、すぐに当店までご相談下さい!

今その場からお申込みいただけ、30分ほどで指定の口座へ現金をお振込致します。

当店は東京の町田駅前で10年以上営業続ける店舗型のカード現金化業者です。

店頭へお越し頂かなくても、振込で全国対応しております。

簡単なお手続きだけで最大96%という非常に高い換金率で現金化する事が可能です。

創業以来クレームやトラブル0件が当店の自慢です。

現金化のプロだから一切のトラブルなく安心してご利用頂けるサービスを提供しております。

現金化する上で一番気を付けなければならないのは、カードの使用停止です。

カード会社は現金化行為を発見した場合、問答無用でカードの利用を停止してきます。

当店で現金化を行う場合は10年間のノウハウがあるため利用停止になる事はありません。

それでは、クレジットカードを止められてしまうといった事は現金化以外にも何かあるのでしょうか。

少し検証してみましょう。

クレジットカードが止められてしまった

クレジットカードを止められてしまうと耳にすると、「何か悪いことをしたか?」「未払いがあったか?」など、ネガティブなイメージが強いかと思います。

確かに、このような面を持っていますが、必ずしもそうではありません。
それが、ここで紹介する状況です。

問題がありそうだったから敢えて止めた

平たく言えば「不正利用されている形跡がある」と、クレジットカード会社が気を利かせてくれて、クレジットカードの利用を一時止めたとういう状況です。

通常であれば、止められた時点、または翌営業日に連絡が入るため、直ぐに気付くかと思います。

ちなみに、クレジットカード会社は、基本的に利用者の利用状況を「システム」で自動的に監視しています。

そこで、怪しい利用状況を検知した場合、さらに自動的に利用を停止されるように作られているのです。

だからこそ、私たち利用者は安心してクレジットカードで支払いができるわけですね。

よくあるパターンは「ネットショッピングで大量購入」

では「不正利用されていそう」と検知するタイミングとは、どんな状況か?
よく耳にする状況は、Amazonなどで似たよう商品、似たような値段のものを大量に購入した場合です。

Amazonなどネットショッピングモール的なサイトは、様々なお店に対して請求されることになります。

A店、B店、C店、D店で買い物した場合、各々の店に一斉に請求されることに。これが「不正利用時と似たような状況」となるため、止められてしまうわけです。

私事ですが、以前、Amazonでゲームソフトを様々なお店から計10本程度、夜中に購入したら止められてしまいました。

本当に不正利用だった場合は指示に従うこと

とはいえ、本当に不正利用されている可能性も、当然あります。

電話連絡が入ったときに「本当に利用されたのか?」の確認で発覚することになるため、そのままサポートサービスの指示に従っていけばよいでしょう。

基本的には、そのクレジットカードはそのまま使用不可の状態になり、再発行の手続きになっていきます。

また不正利用されてしまった請求金額に関しては、状況によって扱いが異なるため、しっかりと「どうなるのか?」を確認しておきましょう。

例えば、お店からクレジットカード会社へ請求が来ていなければ、クレジットカード会社側から直ちにお店側へ連絡が入り請求しないように対応してもらうことも。

もし請求がきてしまい支払いまでが完了していれば、盗難保険を適用するため、被害届を警察に出すように依頼されることもあります。

利用者側は不正利用された時点では、状況の説明をよく聴き理解をすることが大切になってきます。

 

急に止められてしまったときの対処方法とは?

逆に、クレジットカード会社側から連絡が入る前に「急に止められてしまった」ということに気付いた場合は、直ぐにでもクレジットカード会社へ連絡をするようにしましょう。

先に説明した通り、自動的にシステムが停止したのであれば、直ぐにでも利用ができるようになります。

もちろん、そのとき「どのような利用があったのか?」の確認されるため、ありのままを説明するとよいかと。

もし、本当に不正利用されてしまっていた場合は、こちらも先に説明した通り、クレジットカード会社の指示に従うだけになります。

ここで伝えたいのは、焦らず冷静に連絡をして、相応の行動を起こすだけで、問題ないということです。

止められてしまったことに対して、どうしても悪いイメージを抱いてしまうため、意外と初動を過って状況を悪化させてしまう方もいらっしゃるので、気を付けて冷静に行動していくようにしてくださいね。

 

支払が遅れてもカードの利用が停止する

支払日の次の日の時点で、支払いを確認することができなかった場合、直ぐにクレジットカード利用の停止措置が取られます。

支払いができていないのにクレジットカードが利用できるという状況はおかしな話のため、当然のことと言えるでしょう。

つまり、まず目に見えて実感できるペナルティがこの利用停止措置になります。

もし停止措置をされてしまったクレジットカードで公共料金や携帯電話の支払い、インターネット・プロバイダなどの支払いをしていた場合、こちらも支払いできない状況になるため気をつけてください。

最悪の場合、電気・水・ガスのようなライフラインも利用停止措置になってしまう可能性もあります。

 

支払いが完了すれば停止措置が解除

ちなみにですが、この利用停止措置は支払日が過ぎても、その後、きっちりと支払いを済ますことができれば、直ぐにでも停止措置を解除してくれます。

ただ…単純に引き落とし口座に入金するだけでは支払ったことにはなりません。

各クレジットカード業者によって対応が異なるため、各々で確認をして欲しいのですが、多くの場合が、入金後、クレジットカード業者に連絡をするだけで良いはずです。

改めて引き落とししてくれるため、これで完了になります。

中には、指定された口座に振込依頼をされるときも…残念ながら、振込手数料も利用者側の負担になることもあるため、注意してください。

「支払いをしない」「何度も未払い状態になる」場合は契約解除も

支払いが出来なかった状況というのは、意外と多くの方が経験しています。

というのも、単純に支払日を忘れていて、引き落とし口座に入金を忘れてしまったという状況。

したがって、クレジットカード業者からしても、気づいた時点で、直ぐにでも入金をしてくれれば、さほど大きな問題とせずに処理をしてくれます。

ただし、あまりにも頻繁に支払いを滞らせてしまうと「危険人物」と判断し、強制的に契約を解除されてしまう可能性も。

一方的に契約解除は「理不尽だ」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、クレジットカード業者からしもて、支払ってくれないわけですから、これもまた理不尽な話です。

ともあれ、目に余るほどであれば、契約解除もあり得るということは理解しておきましょう。

 

信用情報に大きなキズが付く

先のお話で「クレジットカード業者は、さほど大きな問題とはせずに処理をしてくれます」と表現しました。

こう記載してしまうと、あまり大きな問題ではないとついつい感じてしまいますが、そうではありません。

信用情報には「延滞したことがある」と大きなキズになってしまうことは理解しておいてください。

このような事実があると、車のローンや住宅ローン、新たなクレジットカード、カードローンなどの契約ができない可能性があります。

身近なところで言えば、スマートフォン。

こちらも分割払いをするとき、信用情報を参考にする場合があるため、購入ができないと場合もあるわけです。

前もって連絡をしておくことも重要

ちなみにですが、支払いができないとき、前もってクレジットカード業者に伝えておくとよいです。

伝えるというよりも「相談」になりますが、場合によっては、色々と方法論を提供してくれたり「今回は特別に分割払いにしましょう」「リボ払いにしましょう」と対応してくれることも。

とにもかくにも、だんまりで支払いができなかったとなると印象が悪いため、必ず相談してみてください。