意外ですが、日暮里駅周辺からのクレジットカード現金化利用者が増えております。

都内の人なら誰もが知っている駅ですが、少し郊外に出れば知らない人の多い山手線でもマイナーな部類に入る日暮里駅ですが、実は年々乗降者数が増え続けており、現在では一日10万人を超えるほどの利用者数を誇るほどになりました。

そんな日暮里ですが、一昔前までは駅前に消費者金融やら、カード現金化業者などが立ち並び多くの利用者も非常に多かった土地でもあります。それから徐々に業者の数も減り、消費者金融はメインが無人ATMの設置だけとなり、現金化業者はその姿を消していきました。

日暮里でクレジットカード現金化をした人が町田チケットに殺到

今では駅前で現金化業者の看板をみつけることも難しいほど、カード業者が存在しているのかすら分からない状態です。

そのため全国対応の当町田チケットへは多くのお申込みやお問合せを頂きます。

日暮里周辺からだけでも、年間1000件以上のお申込みを頂きます。

当店では業界でもトップクラスの最大96%という高い換金率を誇るため、多くの方に満足して頂いております。

日暮里からに限らず、西日暮里や、鶯谷など周辺をはじめ全国どこからでも、是非お気軽にまずはご相談だけでもお待ちしております。

 

現金化の重要性について

現金化は非常にもっとも有効な資金繰りの方法の一つですが、多くの方がキャッシングに頼っていると現実があります。

本日はそんなキャッシングについて少し記事にしてみたいと思います。

世の中の人がすべて十分な貯金を持っていればいいのですが、そんな事はあり得ません。

いつどこで「お金がない事態」になるかは誰にも予想できないものです。

そんな時に皆さんはどのように対応しているでしょうか。

やはり多くは一般的なキャッシングサービスを利用している人がメインとなります。

消費者金融を利用している人もいるかもしれません。

そのいずれも利用限度額があり、それを超えてしまうと借りることができません。
また、アコムやアイフルなどの消費者金融は審査が案外厳しく、そもそも借入自体難しいのです。

そんな方々にとってクレジットカード現金化という方法は、普通の借金とは異なるため非常に有用なお金を借りる方法だと言えるのではないでしょうか。

 

カードローンは高くつく

消費者金融の宣伝は武富士や過払いの件で一次低迷しておりましたが、最近はまたCMやら電車やらで大々的な露出度を誇っています。

プロミスや、アコムはテレビCMでおなじみの有名人起用し潜在的にみんなの脳内に刷り込まれているはずです。

銀行系カードローンではレイクが宣伝にお金を掛けているようです。

しかし、実際にも消費者金融の審査を受けて、審査に通ったとしても金利は高いですし、信用情報として消費者金融を利用していることが登録されます。

案外知られていないようですが、将来マイホームを購入するなどで銀行や信金で借入をしようとした場合に消費者金融などで借入をしている事績が残っていると審査上かなり不利になります。

銀行もカードローンやってるにもかかわらず、アコムやアイフルなどの消費者金融に対する考えはかなりシビアです。

何にせよこのように消費者金融から安易に借入をおこして良い事は一つもありません。

キャッシングは金利が高い

消費者金融の金利は非常に高いです。

今でこそ法定金利が15%前後へと下がりましたが、以前までは29.2%という非常に高い金利でした。

もっと前は年利40%以上というとんでもない時代もほんの少し前の話しです。

そのため年利が15%や18%と聞いても高いという感覚を持たない人もいらっしゃるかもしれませんが、1万円借りて1日5円の利息と言えばちょっとはわかりやすいかもしれません。

10万円借りたら1日50円、1週間で350円です。
銀行系カードローンの金利は消費者金融より低いですが、それでも最高金利は15%程度と決して低くありません。

消費者金融のカードローンの金利が高いのは貸し倒れのリスクが高いため少しでも早く元本を回収しなければならないためという理由も一つの大きな要因です。

銀行系カードローンを例にとると分かりやすいのですが、銀行のローン商品は通常借入をすると翌月から返済が開始され、残高は減る一方です。これに対し、カードローンは借入が自由なので残高が減るとは限りません。

銀行等の金融機関は、商売として貸付をしていますが、お金を貸しているという事は一つのリスクです。貸している間は金利収入が得られますが、同時に貸倒の心配もあるわけです。

そだけに銀行は手堅い融資しか行いません。

通常のローンであれば残高が減るのでリスクも減っていきます。

しかし、カードローンはそのような保証がないため、融資限度額いっぱいのリスクを常に持ち続ける必要があります。当然リスク管理のために金利を高く設定しないと貸出ができなくなるのです。

クレジットカード現金化と比較すると、クレジットカード現金化は次回の決済日に基本的には一括で支払をするという事になりますので、返済をしっかり行うにはもってこいです。※もちろん分割やリボ払いなども対応可能です。

 

メリハリがないので支払不能に!?

このようにカードローンは残高が固定されがちなカードローンは「ぬるま湯」に入っているようなものだと言われることがあります。

消費者金融のカードローンは借入も返済も自由という点がメリットだと言われていますが、本来はもっとしっかりしたメリハリが必要なのです。

現実には借りっぱなしという人が少なくありません。

毎月の定額返済をしてもお金が足りなくなったらすぐに枠一杯借りるため、残高が常に限度額に達しているのです。

つまり、融資限度額上限付近で高い金利で借りているというわけであり、その分金利が膨れ上がりがちになるのです。

しかも、カードローンの定額返済額は残高の5%前後程度と低く、そこから高い利息を差し引かれてから元本返済に充てられますから、もうほぼ借金が減りません。

カードローンの返済ができなくなる人が多くなる一つの理由です。
繰上返済をすればいいじゃないかと言われるかもしれません。

しかし、実際にメリハリのない状態に浸ってしまうと、借金というリスクを忘れてしまいがちなのです。

クレジットカード現金化のような基本一括で支払うという原則があれば返済の必要性を感じることがないのです。

カードローン利用者が返済不能になることが少なくないのは、返済期間が長引くため、返済ができなくなるリスクに襲われる可能性があるためです。

カードローンであれ、クレジットカード現金化であれ、返済原資は自分の給料や事業収入のはずです。しかし、そのような収入が持続的に入り続ける保証はどこにもありません。

何らかの事情で収入が途絶えてしまうリスクは誰にでもあります。そして、返済期間が長いとその間に収入が途絶え、返済不能になる可能性があるのです。

クレジットカード現金化のように返済の決着を早期につけることができれば、返済期間が短いのでそのようなリスクを最低限に留めることができます。

信用情報を損ねるキャッシング枠

カードローンの最大の問題点は信用情報に登録される点です

そのようなことはわかっているという人も多いようですが、消費者金融を利用していることを登録されることがどのような結果をもたらすかを知らない人が多いようです。

ショッピング枠とキャッシング枠の利用による信用情報には大きく違いがあります。

どっちの枠を使うにしても「借金は借金」で根本は変わりません。

しかしあくまでも「立替金」と「借金」という明確な違いがあるのです。

もう言葉だけでも違いますね。

商品の代金をちょっと立て替えてもらっているのと、お金をちょっと借りていると聞いたときにどっちが重いですか?

やはりお金を借りている方が印象的には重いのは信用情報でも同じです。

やはりキャッシング(借金)はショッピングと比べて大きな重石なんです。

その辺をしっかり理解して、まずは現金化するのかキャッシングに頼るのかの見極めが大切です。

この当店がクレジットカード現金化を勧める理由の一つに、信用情報に影響を及ぼさない点を挙げることができます。

クレジットカード現金化は、クレジットカードを利用した買い物なので、その都度信用情報に登録されることはありません。

もちろん毎月の支払状況は登録されますが、期日通りに支払をしていれば、むしろそれは自分の信用を上げる方向に働きます。
返済を期日通りしているという点は同じであっても、利用しているだけで節操がないと疑われかねない消費者金融と、支払をすれば信用がついていくクレジットカード現金化の違いです。

このように資金繰りにも色々な問題があるため、まずは効率的かつメリットのある現金化をしてみてはいかがでしょうか。

当店では日暮里駅周辺からのお申込みでも来店不要で30分以内にお振込可能です!

全国どこからでもお申し込み頂けます。

是非お気軽にご相談下さい!