クレジットカード現金化はすぐに利用しないとしても、いざという時には使えるようにしておくことが大切です。

例えば今いる大崎駅周辺で急に現金が必要になってしまった時、どうやって資金調達しますか?

いつどこで急な資金繰りに追われるか分かりませんが、そんな時すぐに現金を作る方法を知っているのと知らないのでは雲泥の差です。

備えあれば憂いなしとも言いますが、いざという時のために準備をしておくだけでずいぶんと違いが生じるものです。
クレジットカードを何枚か準備し、クレジットカード現金化が必要になった際にどのように換金をするかを決めておくことです。
このような準備をしておくことで、お金が足らなくなって対処しなければいけない事態になっても慌てないで対応できます。

備えるべきは災害だけではない

最近、熊本や大分で大地震が発生し、改めて災害に対する備えが必要だと再認識した人も多いのではないでしょうか。
しかし、備えるべき災害は地震や台風だけではありません。お金に関する災害にも備える必要があります。
給料日前に飲み会のセッティングがされたり、結婚式のお誘いがあったりした場合、断るわけにはいかないでしょう。そのような場合にどのようにして資金調達をするでしょうか。

また、現在勤めている会社が急に業績が悪化し、減給になったり、最悪の場合解雇されたりする可能性を引いてできる人は多くないはずです。大企業でもちょっとした不祥事で従業員や下請企業が大損害を受けることは最近の新聞報道でご存知のはずです。
そんな際、ただ単に手をこまねいて事態を見ているだけでは自分の生活が成り立ちません。消費者金融などで借入をしようとしても、会社の業績悪化が明るみに出てから融資の申込をしても審査上不利であることは言うまでありません。
要するに誰も助けてくれない中で自分の生活を守るために資金調達をする必要があります。そんな場合に頼りになるのがクレジットカード現金化です。

クレジットカードで購入した金券などを換金業者に売り、現金化するのです。
2か月程度経過すると支払日が到来するため、それまでに資金繰りの目処を付ける必要はありますが、その間に次の仕事を探したり、失業保険の請求をしたりすることで回避すればいいのです。
そんな非常事態に対処するためには、日ごろからクレジットカード現金化について知識を持つ必要があります。

 

緊急事態に強い現金化

クレジットカード現金化の一番の強みは追加で審査をする必要がないという点です。
緊急事態に資金不足となり、消費者金融に融資を申し込んでも、勤めている会社自体が業績悪化で苦しんでいるという情報が流れていると、消費者金融は簡単に貸してくれません。貸倒の確率が高まるためです。

新しい融資の審査が危ぶまれるなら、事前に消費者金融に申込をしておけばいいのではないかと思われがちです。しかし、自分の勤務先は登録されていますから、勤務先の悪いニュースが知れ渡ると融資限度額を下げられる可能性が高くなります。
消費者金融は信用情報を定期的にチェックしています。それと同時に大きな会社の経営悪化のニュースにも敏感です。万が一、契約者が勤めている会社が倒産や給与遅配という事態になったら、自社が損害を受けてしまうのです。
しかし、審査を新しく受ける必要がないクレジットカード現金化はそのような心配は無用です。クレジットカード会社も会員の勤務先の状況はチェックしていますが、それを理由にして利用限度額を下げることはまずありません。
このようにクレジットカード現金化は緊急時に非常に頼りになる資金調達方法です。スピーディーに資金化ができるAmazonギフト券を換金すれば、緊急事態にもすぐ対応できるのではないでしょうか。
クレジットカード現金化は、換金率が悪いため自転車操業になり、遠からぬ将来に自己破産に陥るという論評が多いようです。しかし、きちんと2か月後に資金確保をすることで資金借入と同じ効果を期待できます。

 

自営業者の最後の砦

クレジットカード現金化を一番必要としているのは個人の自営業者ではないでしょうか。
資金不足になっても金融機関は簡単には事業資金を貸してくれず、手形を担保にして資金借入をすることになりますが、決済日という時限爆弾を抱えていることになり、資金繰りに駆け回ることになります。

クレジットカード現金化であれば、手形を担保にした借入ほどの緊急性はありません。やり方ひとつで2回目の現金化も可能であり、分割払いのような方で支払をすることができます。いざとなったらリボ払いの選択もできます。
クレジットカード現金化で一番有利な方法は金券による方法ですが、多額の金券をクレジットカードで購入すると信販会社のチェックが入り、購入できないことがあります。

割のいい新幹線回数券や信販会社のギフトカードによる現金化は最低限にし、ネットですぐに購入でき、換金もスピーディーなAmazonギフト券もお勧めです。
Amazonギフト券は、Amazonで利用できる金券ですが、Amazonで買うという事でわかるようにネット上で取引される金券です。換金もネット上ですることになるため、決済もスピーディーです。
Amazonギフト券の換金業者は一般的な金券業者とは違います。一回信頼できる換金業者を探しておくと、いざという際にスピーディーに対応できます。
ネット上の換金業者なので、Amazonギフト券を売却し、確認できればすぐに自分の銀行口座に振り込んでくれます。最初の取引は身分確認などで時間がかかりますが、2回目以降なら10分もしないうちに資金を振り込んでくれます。
自営業者が資金不足になった場合、時間との勝負になることも多いです。そのような緊急事態におけるクレジットカード現金化には、スピーディーな現金化ができるAmazonギフト券がお勧めです。

金融機関はあてにならない

これに対し、金融機関はアテになりません。
個人事業主だけではなく、サラリーマンであってもお金が必要になってきたような時には給料が下がり、生活資金が不足していることが多いです。そんな時に消費者金融でお金を借りようとしても総量規制により思ったような融資を受けることができません。
銀行には総量規制がないと言われるかもしれませんが、銀行は金利が低いためリスクが高い人に対しては貸付をしてくれません。金利が低いという事は保証料を確保できないことを意味しており、リスクを取ることができないのです。
総量規制がないから銀行系カードローンは大きな借入ができると考えている人が多いようですが、それは信用力がある人の話です。
つまり、総量規制のために消費者金融では融資限度額が頭打ちになっている人が銀行系カードローンを利用するとメリットあるという話です。
このように金融機関ではいざという際に助けにはなりません。緊急事態に備えるためには自分で準備をする必要があります。クレジットカード現金化は、そのような非常事態に対応できるのです。
クレジットカード現金化の手段として、Amazonギフト券を売ることができる店舗を探しておき、締日を分散したクレジットカードを何枚か準備しておけば、クレジットカード現金化の準備は完了です。

準備だけならコストゼロ

クレジットカード現金化は準備だけであればコストはかかりません。いざという時にすぐに対処できるようにしておくことが「災害への備え」だとすれば、一番理想的な方法ではないでしょうか。
特に資金的な緊急事態の際には、金券を購入して金券ショップに持って行くという時間がないこともあるかもしれません。

町田チケットでは新幹線の回数券の現金化はもちろん、最近では最もリスクの少ない、Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化なども対応しております。

amazonギフト券での現金化であれば、来店不要でスピーディーに対応できます。

あらかじめ少額のAmazonギフト券を換金して、その際に自分の身分確認を終えておけば、いざという際に大助かりです。
もちろん、最初に換金する際にはAmazonギフト券を買う必要はありません。懸賞やアンケートのお礼などでAmazonギフト券を提供しているケースは非常に多いです。それを換金すればいいのです。
当店のクレジットカード現金化の換金率は業界でもトップクラスです。

一般的な現金化業者の換金率としては高いとも言えず、下手すると60%や70%といったボッタクリに合う可能性もあります。

町田チケットでは創業以来業界トップクラスの換金率と、30分以内で振込まで完了する超スピーディー対応で皆さまの緊急事態をサポートします。

大崎駅周辺で現金が必要になったら、まずは当店へお気軽にご相談下さい。