急な資金繰には最適な現金化を利用しましょう

どんな事業をしていても、良い時もあれば悪い時もあります。

ほぼ大半の企業で資金繰りの悪い時期というものは存在します。

中小から大企業に至るまで資金繰りに困るものです。

そんな企業でも工面するのに大変な運転資金も、個人事業主ともなれば更にその内情は大変なものです。

仕入資金がすぐに売上代金として回収できる商売が少ないため、資金繰りの谷間というもが必ず存在するのです。

そんな際にお金をどう調達するかが問題なのですが、多くの事業主の方はまずは金融公庫で借入を行い、その後は商工ローンなどの街金を利用しているようです。

しかし、商工ローンで借入を行えば利率は決して低いものではないですし、申込方法も面倒なことが多いです。

そもそも審査に通そうとしたら、自社の将来像をきちんと明示して、収入が確保されて返済できると説明しなければいけないのです。

そんな事業主の方にお勧めしたいのがクレジットカード現金化なのです。

もちろん利用したら確実に支払日に支払をする必要があります。

ただし、事業主の方の支払サイクルは1か月単位のことが多いです。最長2か月の支払猶予期間があるクレジットカード現金化ならばさほど問題は生じないのではないでしょうか。

 

銀行は貸してくれない

事業用資金を借りようとする場合、銀行を思い浮べる人も多いでしょう。

しかし、基本的に個人事業主に対して銀行は融資をしません。出来たとしてもかなり高いハードルがあります。

これは、個人事業主の資金は生活資金と一体化されやすく、与信枠の設定が困難であることや、企業に比べて貸倒リスクが高いためです。

では、法人なら貸してくれるのかと言えばそうとは言い切れず、担保のない企業は決算状況が継続して良好である法人にしか貸してくれません。

要するに銀行での借り入れは資金繰りに困ったときに借りるのではなく、業績のいい会社が更に勢力を伸ばそうとする際に銀行借入を利用するのです。

景気が悪くなると企業業績も悪くなるため、銀行は貸付資金の引き揚げを開始します。

俗に言われる「貸しはがし」です。

巷の評判が悪いため現代では表面上自粛していますが、少しずつ貸付の更新を取りやめるケースも少なくありません。

銀行からお金を借りたいと思っても、このように実際にはお金を貸してくれるケースはほとんどありません。個人事業主が資金調達をする方法ではないのです。

ただ、最近国が起業する人への補助金や、融資を積極的に行うといった傾向があるため、一時期を比べると幾分か個人事業主でも借り入れを起こしやすくなっている状況です。

しかしながら、あくまでも起業する人向けの融資が増えただけで、資金繰りのために貸してくれるという事ではありません。

結果としてクレジットカード現金化が個人事業主の資金調達方法として適しているという結論に達するのです。

たとえ事業用の決済口座を設定している銀行などであっても、貸付という話になると対応は意外とつれないものです。

事業主の方には銀行の対応に怒って別の銀行にメインバンクを変えてしまうこともありますが、他の銀行でも対応は同じなのです。

どちらかというと都市銀よりは地元の信用金庫などでコツコツ積み立てやなど実績付けておくことで、あっさり融資が出ることもあります。

 

街金も意外と審査が厳しい

とはいえ、銀行以外にもお金を貸してくれるところは多いのではないかと言われるかもしれません。

最近は消費者金融もその審査力を事業用ローンで活用しようという姿勢が見られます。

総量規制などの面倒な話がありませんから、消費者金融などの判断だけで融資を決めることができます。

また、最近ではあまり耳にする事がなくなりましたが、まだまだ貸金業者の中にはヤミ金も混在しています。

俗にいうヤミ金のすべてが一般的に言われるように暴力的で詐欺まがいの営業をしているわけではなく、ただ単に高金利で貸付をしているだけという場合も少なくないのです。

このようなヤミ金は審査が緩く、金利が高いのを承知の上で借りている事業主の方も少なくありません。

しかし、違法営業であることに間違いはなく、いざ支払が滞ったという事態になると信じられないような回収手段を強行する可能性が高いためやはり利用はすべきではないものですね。

このようなヤミ金ではない一般的な街金は、合法的な認可を受けての営業なのでこのような不安はありませんし、利率も利息制限法の範囲内で収まっています。

とはいえ、審査をする際には低めの利息が足かせになります。

ちょっとわかりにくい話かもしれませんが、お金を借りる際の利息には金融機関の収入である部分と万が一の貸倒に備えた保証料の部分が混在しています。利率をあまり上げることができない合法的な貸金業者は保証料を満足に確保できません。

結果として信用力がないと判断されると、合法的な金融機関ではリスクを負うことができず審査に通すことができません。皮肉な話ですが、利率を高く設定できるヤミ金はリスクを取ることができるため、多少危険な顧客に対してでも貸付ができるのです。

一時期の社会問題化し、ヤミ金にたいする規制強化や一斉摘発時期と比べると最近は全くヤミ金の存在もしているのかどうかわからない状況となっておいますが、やはりこのような闇商売はどんなに取り締まりなどを強化していてもなくなることはありません。

昔のように矢面に立って営業をしていないだけで、まだまだ潜在的に潜って営業をしているのです。

少し言い方を変えれば、現在の利息制限法には無理があり、ヤミ金の需要を作ってしまっている部分があるのです。

ヤミ金を一度借りてしまうと大変です。

その辺に借りずに済むように当店のようなクレジットカード現金化サービスを是非活用して下さい。

 

「禁断の方法」会社のカードリーダーで現金化

※この方法での現金化は決して実行しないで下さい。この方法での現金化は完全な違法です。

例えば会社組織で営業をしている場合、信販会社の加盟店となっていることがあります。

この場合、クレジットカードのカードリーダーや決済システムが会社にあるため、場合によっては会社のリーダーや決済システムに社長自らクレジットカードをスキャンさせることで資金調達が可能です。

もっとも、クレジットカードを利用した決済は会社の売上だと判断されるため、この時点で実際には売上の架空計上となるため大きな問題となるため実行するにはリスクが大きいです。

ある意味、お金を借りても売上でも会社にお金が入ってくるという意味では同じことです。

しかし、売上とされてしまうと前述のとおり会社に架空売上を計上することになります。

違法覚悟で実行するならば、会社の税金だけではなく、消費税も必要になるためクレジットカード現金化をする際には、それを明確にしておく必要があります。

詐欺同様の違法な手法なので絶対に行ってはいけませんが、もっともこのようなことを何度も繰り返すことは事実上不可能です。

信販会社も加盟店になる際には審査をしていますから、社長が自社のリーダーでカードをスキャンしたらおかしいですし、何度も行えばブラックリスト入りになりますので大きな代償となって返ってきます。

 

 

事業主のリーダーで自分の現金化は避けよう

では同じことを個人事業主がしたらどうでしょうか。

答えは同じです。

法人だろうが個人だろうが違法は違法です。

ただ、ちょっと突っ込んだ話しをするならば、事業内容によりますが会社の事業形態とカード決済金額が見合わないものであれば怪しまれることは間違いありません。

法人組織と個人事業主では信販会社の視点に違いがあります。

法人組織ならすべて信用できるというわけではないのですが、個人事業主よりは信用できると考えられているのです。

そのため、会社であればクレジットカード現金化を誤魔化すことができても、個人事業主の場合は追及が厳しいということが考えられます。

もしやるならば自分と関係性のない名義のクレジットカードを使用するほかありません。

このように自分で行う現金かはどんどんブラックな方法となってしまうため、一切お勧めできません。

 

 

まとめ

本日は現金化の中でも禁断の方法を少し記載しましたが、やはり自分でどうにか現金化を行おうとすると大きなリスクと、違法性が付きまといますね。

町田チケットではこうしたリスクなく安心安全に現金化する事が可能です。

創業20年トラブルなく営業してきた実績が信頼の証しです。

現金化サービス専門店だからこその高い換金率と、迅速なスピードで対応しております。

最近では新宿、渋谷、池袋などの主要都市で起業された法人様や、個人事業主の方からのお申込みが非常に増えております。

起ち上げたばかりの会社や、ベンチャー企業などの資金繰りで当町田チケットを有効活用して頂いているようです。

町田チケットではわざわざ来店頂かなくても、お申込みから30分ほどで振込まで完了する「全国対応」の現金化サービスです。

是非、新宿、渋谷、池袋に限らず全国あらゆる場所からお気軽にお申込み下さい。