現在、浦安駅周辺をはじめ千葉県全域から多くのご利用を頂いております、町田チケットです。

当店は来店不要の全国対応の現金化業者のため、どこからでもお申込みが可能です。

そのため、最近では浦安市などからのお申込みが非常に増えております。

現在最大98%という業界トップの換金率キャンペーンを行っておりますので、更に多くの方にご利用を頂いております。

浦安駅周辺を含め、今どうしても現金が必要になった場合はまずは町田チケットまでお申込み下さい。

初めての利用でも平均30分ほどで指定の口座へお振込致します。

また、当店はなんと24時間営業という事もあり深夜早朝にいたるまで、いつでもお振込が可能です(※ネットバンク系に限ります)

創業10年以上、店舗型の現金化サービスを運営しておりますので、その辺のネット業者とは信頼と実績が違います。

親切・丁寧・安心・安全をモットーに日々運営しておりますので、是非初めての方にもご利用頂ければと思っております。

町田チケットでは優良店としてのサービスを自負しておりますが、やはりこのような業界ですのでまだまだ悪質な現金化業者も多く存在します。

今日はそんな悪質な業者を見極めるためのポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

これからクレジット現金化をしようと考えている人にとっては少し抵抗を感じる情報かもしれませんが、ごく一部で存在する事例として、頭に入れておきましょう。

優良業者を選ぶことさえできていれば、このようなリスクは大きく軽減できるのでご安心ください。

事例①ホームページ上に記載されていた換金率と違った

クレジット現金化でポイントとなるのは、商品購入後現金に換えてもらう際の換金率です。業者は実際の購入額と換金額の差額である手数料で稼ぐため、換金率に基づくシステムはかならず存在しています。

しかし、だからといって一概に換金率が高ければよいということでもありません。換金率の高さに釣られて利用したところ、実際換金する場面になって、突然額面とは異なる率を言い渡されてしまったというケースが事実存在しているようです。

当初の計画を大幅に下回る現金しか受け取れなかったとなると、生活面でとても困ってしまうことでしょう。後述で紹介する換金率の罠に陥らないコツを押さえて、回避できるよう心がけましょう。

事例②高圧的な態度でのキャンセル拒否

これは、上記の流れで起こった例です。魅力的な換金率の現金化を利用したものの、いざ換金のシーンになると予定と異なる額が提示された。そうなったとき、多くの人はキャンセルを思い浮かべるでしょう。

事実、この被害に遭われた人もそうした申し出をしたそうです。ところが、優良業者ならまだしも、相手は最初からお客に満足してもらおうなどとは思っていない悪徳業者です。

キャンセルの希望は受け付けてもらえず、さらには、高圧的な態度で半ば脅しのような口調となり、まったく取り合ってくれなかったそうです。結果、貴重なショッピング枠を大きく使用したにもかかわらず、半額ほどの現金しか受け取れず、大きな損失を被ってしまったのです。

悪徳業者のなかにはヤミ金に近いラインで運営している業者も少なくありません。恐い展開も考えられるため、優良業者をしっかり見極めることが大切です。

事例③クレジットカードの無断利用

審査を必要としないクレジット現金化では、個人情報をそこまで伝える必要がありません。

前述の通り、身分証やクレジットカードの表面程度です。しかし、なかにはそれが決まりだから、当たり前だからといって、さらなる情報を求めてくる悪徳業者もいるようです。

特に恐いのが、この事例で起こったクレジットカードの無断利用です。カード表面だけであれば、基本的に使用されることはありません。この例では、表裏両方の写真を送るよう指示されたそうです。

クレジットカード裏面にはセキュリティコードが記載されており、手元にカードがなくてもウェブ支払いなどですぐに利用できてしまいます。暗証番号は必須となりますが、身分証の誕生日情報を元に割り出され、見事悪用されてしまったそうです。

クレジット現金化で求められる情報は、基本的に身分証明書+クレジットカード表面の2点です。これ以上に求められることがあれば、その時点で怪しい業者といえます。クレジットカードによる現金化が可能なのは、カードに現金と同等の価値があるためです。情報の取り扱いには充分注意しましょう。

事例④個人情報の流出

正規の書類提出のみ行ったにもかかわらず、被害を受けたという事例もあります。免許証やマイナンバーカードといった身分証明書には、名前や住所、生年月日など個人を特定する情報が記載されています。

こちらに関しては、クレジットカードと異なり、直接金銭的被害に発展するケースは考えにくいですが、それでも悪用は可能です。

裏ルートでは、こうした個人情報もまた、金銭取引において売買される主要なコンテンツとなっているためです。買い取られた個人情報は、ヤミ金などの勧誘電話やダイレクトメール送付に利用されます。

それらを利用しないとしても、突然増える連絡やDMに不安を煽られることが考えられます。女性の一人暮らしなどであれば、なおさらといったところでしょう。

求められる提出書類が正規の内容であったとしても、それだけでは安心することができないのです。

事例⑤商品の購入だけさせられて振り込みなし

これはあからさまな事例ですが、実際に存在した例です。

業者に現金化を依頼し、指示通り商品をウェブ決済で購入したが、その後お金が振り込まれなかったというケースです。

これは商品の購入先であるネットショッピングサイトもまた業者が運営しているものであり、商品販売のみで荒稼ぎしている悪徳業者に騙された例です。

すべてウェブで完結するため、スピーディーさに釣られて騙されてしまう人が少なくありません。もちろん、商品自体も手元に届かなかったそうです。お金に急を要している状況を悪用したタチの悪い事例といえます。

事例⑥詐欺グループが窓口を運営

表面的にはクレジット現金化業者を名乗っていても、電話の向こうが本当にクレジット現金化業者であるとは限りません。

なかには、振り込め詐欺グループがクレジット現金化を謳って利用者から金銭搾取するといった事例もあったようです。

お金に余裕がない状況をうまく利用し、もっとお金がもらえる、再処理代金が必要などと巧みに語りかけ、必要のないお金まで振り込ませる手口です。分かりやすい事例ですが、老人や知識の乏しい人は被害に遭ってしまっていたそうです。

事例⑦ヤミ金業者へ直結

詐欺グループに似た事例といえますが、クレジット現金化窓口を使ったヤミ金への勧誘にも注意しておくべきです。お金がなくて困っている利用者は、ヤミ金業者にとって格好の餌食となります。

またこちらは詐欺業者と異なり、正規に契約を交わして貸金業を行うだけであるため、クレジット現金化による詐欺としての摘発リスクを抑えられます。

そうした理由から、これは詐欺グループ以上にタチが悪い事例といえるでしょう。

クレジット現金化に関係ないような契約書を提示されサインを求められる、高圧的な態度で身に覚えのない借金を取り立てられるといった状況に発展するようであれば、その業者はヤミ金であるのかもしれません。

 

以上が悪質業者や詐欺業者の手口の一例です。

一時期に比べてこの手の輩はかなり減りました。しかし、まだまだ存在しているのも事実です。

どうしても現金が必要だから現金化サービスを利用しようとしたのに、逆にお金を取られてしまっては本末転倒です。

我々も現金化業者としてこの手の悪質業者は絶対に許せません。

一人でも多くの被害者が出ないように、町田チケットでは絶対に安心なサービスを提供し、このような業者の撲滅を今後も訴えかけていきます。

当店をご利用の際は是非安心してお気軽にお申込み下さい!